FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の計画

190221sagami-river-entotsu400.jpg

あまりにも最近旅心が無くなってしまってて
撮る写真もだんだんワンパターン化しているので
久しぶりにドライブ旅にでも行こうかと思って
ちょっと計画を立ててみることにした

とは言え何処に行きたいという目的地が自分にはまるで無い
せいぜい山の方とか海の方とか川とか街とか
そんな程度でしかない

何か目的を持とうと思って頭をフルに回転させてみるものの
何も浮かんで来ない

ふとそうだと思いつきGoogle Street Viewを駆使して
今迄に行ったことの無い街を見て行って
何処か行ってみたくなる様な街を探そうと思った

ところが…どこの街も今は皆小綺麗になってしまってて
昔ながらの伝統を感じられる様な風情が
感じられない場所ばかりになってしまっている
とくに何処の駅前風景も綺麗になってしまい
何だか味気ない所ばかりだなぁと思ってた

(つづく)...


スポンサーサイト

旅人失格

190211kare-ajisai400.jpg

この頃旅をしなくなった
旅といってもいつも自分の場合は写真を撮りに行くことが主目的なので
写真さえ撮れれば何処でも或る程度満足出来てしまうことが
近頃解かった

最近近所でいろいろと撮れるようになってしまったせいか
遠くまで行く気持ちがあまり湧かなくなって来ている

勿論お金と時間さえあればどこか遠くには行きたい
見知らぬ風景と出会えれば気持ちも自ずとわくわくする
けれど遠くの場所にある風景が自分にとってどれ程価値あるものかと考えると
近所の風景のそれには到底敵わないものだと判ってしまったためか
何だか何処かですぐに気持ちが冷めてしまう様になった

何か余計な答えを見つけてしまったが故に
旅人失格になってしまった感が…

.

輝き

190216gumisawa-juutakugai-enboh540.jpg

先日ご一緒させて頂いたRさんは会話してたなかで
「僕はもうとくべつ物欲は無いけどでも唯一将来ポルシェだけは乗りたいなぁ」
という話を聴かせてくれた
贅沢な物欲が唯ひとつだけあるという話だった
Rさんは僕とは暮らしのレベルが確実に違う人で
ワンランクもツーランクも上の方で暮らされてる方なのだ
持ってる夢の輝きが全く違う

そう考えると僕はそういう大きな欲が本当に無い
せいぜい旧コンタックスの50mmのf1.5が欲しいなぁとか
またいつか暗室が欲しいなぁとか
千葉から茨城方面まで久しぶりにドライブに行きたいなぁとか
どうも思ってることが小さい

なんか輝きが足りない

...

ライカという謎

190131train-window-snow400.jpg

ライカってどうしてあんなに人気があるんだろう?
今更ながら素朴な疑問

こないだInstagramでアンディ・ウォーホルのスタジオを撮影中の
写真家セシル・ビートンのポートレイトを見る機会があった
彼はカメラを2台持っていた
三脚に固定された二眼レフ…あれは多分Rolleiflexと
もう一台手持ちで撮影しているカメラが我がPentax SPだった
(1969年 Fred W. McDarrah撮影)

当時Pentax SPは世界的な大ヒットカメラだった様で
他にもいろいろな有名人たちが使っていたと
いろいろな所で読んでいて知っている
とても優秀なカメラなのだ
それは現在自ら毎日使っててよーく解かる

そのPentax SPは現在ではわずか3000円で買える
一方のライカはバルナックタイプでも未だに2~3万円は最低でもする
撮れる写真は写真家が一緒であればどちらもほぼ一緒 (…のはず)

にもかかわらず
何故に誰も彼もがライカにばかり吸い寄せられて行くのだろう?
モノそのものの魅力がそれだけライカには備わっていることは解かるのだけれど

ライカそのものも謎だけれど
そこに流れて行く人々の感覚というものも僕にとっては大きな謎だ

.

いろいろ

190114dreamland01-540.jpg

まんが日本昔ばなしの声の女優が亡くなったり
ほとんど場所に出て来なかった横綱が引退したり
いろいろな出来事が起きている
昔ばなしの女優 市原悦子の声は懐かしい
子供の頃あの漫画をずっと観て育って来たようなものだった

三連休の最終日自転車で近所を写真撮って来た
Pentax6x7とRollei35を持って行った
たまに6x7は使いたくなる
重いけど
75㎜90㎜105㎜とレンズ三本も集めて来たが
もう105㎜一本あれば良い様な気もして来た
あれもこれも撮る必要はないのだ
何となく一点にピントを合わせて何となく撮れば良い
どうもそんな写真が自分には合っている

Rollei35はもっぱらカラー用
レンジファインダーなので撮れる写真も限定されてしまうが
ポケットに入るあのサイズがやはり便利
昔買っておいてよかったと思う


.
profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。