FC2ブログ

...

180903kusa.jpg

また台風
各地でまた甚大な被害
ここまで台風直撃の多い年も珍しい気がする

今年の七月八月は写真をとにかく撮らなかった
猛烈な暑さでとても外に撮りに行けるような気温では無かったから
家で植物フォトグラムばかり作っていた

春にドイツから遊びに来たSがおみやげにと持って来てくれた
サイアノタイプの感光紙もあと残り一枚だけになってしまった
調べたら日本では入手も難しい様なので
他の商品を探して買うか或いは今度は薬品を買って来て自分で調合し
感光紙を作るかしなくてはなと思う

植物フォトグラムがこんなに面白いものとは今迄思っていなかった

サイアノタイプだけでなく
昔のガラス乾板や昔のゼラチンシルバー印画紙でそれを作っていったら
また違った面白さと出会えるかもしれない

William Henry Fox TalbotやAnna Atkinsも数多く作った植物フォトグラム
また改めていろいろと調べて見ておきたいと思う

.

...

180613juujiro300.jpg

神奈川県平塚市

.

切なる思い

180527shirotsumekusa01-300.jpg

写真って何なんだろう?
自分にとって写真というものが最近よく分からなくなってる。
何故こんなに日々撮り続けているのか
いったい何のために写真を撮ってるのか。

写真を残す、とはそういえばそこにいったい
どんな思いや意味があるのだろう。

写真に迷うといつもページを開き見返す写真集が一冊ある。
森澤 勇 『軽井沢時代』

そこに載ってるのは、昔軽井沢に写真館を営んでいた
森澤さんが残した数々の人物写真、家族写真、動物写真、風景写真の数々。
そこには所謂「表現のための写真」など一枚も載ってない。

"今そこにある光景を残しておきたい"という様な
撮影者の切なる思いが静かに伝わって来る写真群。
その一冊に登場して来る写真たちのそれぞれに写されている
切なる光景の数々にシンプルに感動出来る。

自分は普段からそういう風に切なる思いで
シャッターを切ってるんだろうか?

.

漠然とイメージ

180513hasami.jpg

日常を撮るのに少し大きめなカメラを使いたいなと思う様になってから
既に何年間経ってるだろう?
一度6x4.5の折畳み蛇腹カメラにクローズアップレンズを付けて
距離なんてヤマ勘で夜机の上の静物を撮ってみたことがあったけど
あんなに面倒な撮影は流石にもうあれ以降はしていない。

その後何年かしてから6x4.5のマミヤ一眼レフをヤフオクで買ってはみたけど
それで静物を撮ろうとするとどうも綺麗に撮れ過ぎてしまって
未だ二、三度しか撮影したことがない。
初めから綺麗に撮れると分かっていると、それだけで撮影意欲が
無くなって来てしまう。

6x9とか9x12とか4x5とか…
カメラサイズにはいろいろとあって何を選ぶべきか未だによく分からないけれど
ebayで見た9x12 Plate Cameraというやつに漠然とだけど
関心を持つようになって来た。
何だか見た目が如何にも古いカメラっぽくてかっこいい。
それなら専用のロールフィルムホルダーを持っていれば
120フィルムも使えるし、シートフィルムもどうにかしたら使える気がする。
けど、だったら4x5の方が良いのか?
(よく解らない、漠然とイメージイメージ…。)

そんなイメージを頭に浮かべているばかりなので
結局また135の小さな一眼レフカメラのフィルムを買ってしまって
それで撮るばかりの生活が既に何年も続いてしまっている。

簡単に撮れるのでいいのだけどいつも何か物足りない。

.

旅って

180425light-prants300.jpg

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。
新しい目で見ることなのだ。

The real voyage of discovery consists not in seeking
new landscapes, but in having new eyes.

マルセル・プルースト(作家, フランス, 1871-1922)

......


「旅」ってそういえば何なんだろう?
風呂に浸かりながら、ふとそんなことを想ってた。
著名人の旅の名言が色々と載ってるサイトを見てみると
いろいろ面白い言葉が並んでた。
その中で、たまたまプルーストの言葉が
今の自分にとって、何故かしっくり来て面白く感じたので
載せてみることに。

人は、自分の人生しか歩けない。
それは当たり前のこと。
だけど自分以外の人の、或いは別の生き物の
或いは何でもいい他の自分以外のものの目線に
なってみることというのは、ちょっとした想像力があれば
或る程度までは可能なことかも知れない。

或いは、いつも自分の居る場所とは違った場所から世の中を見てみる。
それは流石にちょっとむずかしいことか…

普段暮らしてる環境をガラリ変えるくらいの何か大きな
出来事でも起きない限り、目はいつもと同じ位置からしか
世の中のことを見ることなど出来ないものなのかも知れない。

僕にとっては、2011年3月 東日本大震災のときと
つい数年前まで付き合ってた彼女との別れという二つには
そのくらい大きな"破壊力"があった。


プルーストの書いてることは、やっぱり結構むずかしい。

新しい目…

どういう風にすれば、新しい目なんて持てるだろう?
だんだん分からなくなって来た。


.....


こないだ自身が住んでいる神奈川県内の街に二晩泊まって
過去何度か行ってるちょっと知ってる街をニ、三、歩いて来た。
あれは旅だったのかそれともただの散歩だったのか。
3月にはお隣 山梨にクルマで行って来たけれど
あれも旅だったのか、それとも単なるドライブだったのか。

どちらもいつも見ることのない風景を見て来れたことは確か。
いつもと違う非日常も味わえた。
そういう意味では何となく旅っぽい。
が、自分がそこで新しい目になれてたか?と言えばそれは「NO」だと思う。

おそらく僕の場合、カメラを持って歩いてる以上
新しい目にはそう直ぐにはなれそうにないと思う。
カメラを持って"旅"してるつもりでも、それは旅ではなくて
単なる"自己確認"なのかもな、と。


......


『広辞苑』で "旅"を調べてみると、こんな風に書いてある。

 …住む土地を離れて、一時他の土地に行くこと。
 (古くは必ずしも遠い土地に行くことに限らず、
 住居を離れることを全て「たび」といった)


.
profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR