スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達からのメール

130901-cat540.jpg
kanagawa

先日、ドイツ人の年上の友達からメールを貰いました。
("友達"と書くには少しおこがましいのだけれど、ここではあえて…)
彼はドイツ人でありながらドイツ語のみでなく数ヶ国語を操れる頭脳を持っていて
最近では日本語もかなり上達し、普通の日常会話以外にも
そうした写真事情などのちょっと複雑な話でも難なくこなせるという
そういう頭のいい人物…。

その彼からのメール文中にちょっと嬉しくなるような話が書かれてありました。

「"Fotoimpex"という会社が Agfaのフィルム製造機械を買って、
新しい白黒フィルムを作り始めたそうです。
また、イタリアの"Ferrania"社では、カラーフィルムの製造が始まるそうです。」

("Ferrania"社というと"ソラリス"をこないだ止めたばかりの会社だけれど
その後また再開させたのだろうか?
それとも他のフィルムの製造を始めたのか、その辺りは不明…)


また、彼ら夫婦が最近ノルウェーを旅した際、
オスロの街でフィルムを売る店を見つけたのだそうです。
そこは多くのフィルムを売る店だったそうで
「これだけ沢山のフィルムを買えるのはすごいですね!」 と店の人に話すと
店員は、「今年はフィルムの販売数がとても上がりました。」 と話してくれたのだそうです。

「ちょっと楽天的な気持にさせるニュースですね。」
と彼は締めくくりに書いてくれていました。


こうした話を聞くと、ヨーロッパではフィルムがまだまだ
人々の心の中に生きているという証なのかも知れません。
日本ではもうすっかり何処のメーカーもがフィルムカメラの製造を止めてしまい
フィルム販売会社もどんどん商品ラインナップを減らしていくばかり。
まるでフィルムカメラに関する明るい話題を耳にしなくなってしまいましたが
ヨーロッパでは少しだけ事情も違っているようです。








にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
スポンサーサイト

バッタいるよ

201108ユンアオ芝生540
kanagawa

夏休みに遊びに来た
姪っ子ふたり


あ、バッタいるよ!











にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。