寝不足

180620night-minatomirai.jpg

2018 FIFA WORLD CUPをほぼ毎日のように観戦している

今大会は強豪国と言われるチームが初戦に引き分けたり負けたりと
波乱の多い大会になってる
わが日本代表も初戦下馬評では負けるんじゃないかと言われてたけれど
2:1で何故かコロンビアに勝ってしまった
(こんな書き方したら試合やってた選手たちに失礼だけど)

昨日行なわれてたクロアチアvsアルゼンチン戦も
メッシ擁する前大会準優勝国アルゼンチンがクロアチアに3点も取られ負けてしまった
(この試合眠くて観ること出来なかったけど)

日本は次節セネガルとたたかう
先日日本vsコロンビア戦のすぐ後にセネガルvsポーランド戦を観たけれど
セネガルはとてつもなく強そうだった
冷静に考えたら日本は次こそは負けるだろう
(こんな書き方したら試合する選手たちに失礼だけど)
(勝てたらいいなぁ程度で考えてる…その方が落胆しなくて済む)

大迫選手が半端ないことでもしてくれれば別だろうけど

グループリーグは初戦と2試合目が面白いから
つい夜中にも関わらず夜更かしして観てしまうのだけど
何しろ連日ともなると体力が続かない
連日夜更かし夜更かし…でゆっくりと寝てない
そろそろゆっくりと夜は夜らしく寝たくなって来た

選手たちもたたかっている
けどこちらも寝不足とのたたかいの真っ最中だったりする

.

空き地で

180526hana-tukuba-02.jpg

先日F市の郊外にあるスターバックスまで行って来た。

行く途中にちょっとした緑地(空き地)を見つけたので
持っていったPentaxSPでそこに咲いてた鮮やかな黄色い花や
その辺の風景を撮った。
前の晩にネットで色々見ていた古い昔の写真に影響受けて
ああいう風に撮ってみたいと思ってたのだけれど
現代のカメラだとなかなかそういう写真も撮ることは出来ない気がする。
PentaxSPなんて随分昔のカメラだけれど
写り方はいつでも現代のカメラと同じ。

古いカメラを使えばそれなりに古い写真っぽく撮れるのかな?
どうもその辺が未だに良く分からないので
今度実験で古いカメラで何か撮ってみようと思う。

スターバックスは矢鱈と混んでた。
ほうじ茶ラテを飲んだ。
人が多過ぎてあまりのんびりは出来なかった。

.

偶然の一枚

170708yamanooue.jpg

135カメラにフィルムを装填するときに
数枚空シャッターを切ってカウンターを「1」にしますが
その空シャッターのときに偶然撮れた一枚です

場所はネガの前後関係から察して長野県志賀高原だろうと思います
何故かど真ん中に人が写ってて
まぁなんとなくピントも合ってて露出もまずまずという一枚

空シャッターなので撮影者(僕)にもこれを撮る意識はなく
この瞬間を狙っていたわけでもなく
まったくの偶然の一枚…ということなんです

意識せずに撮れた写真は何故こういい写真なんだろう?

こういう写真を普段から残したいと思っているのだけれど
なかなかこういう写真は僕には撮れないものだったりします

ロバート・フランクみたいにはなかなか撮れません


.




渋谷にて

sarari-man 600
tokyo

東京 渋谷にて

まだ東急東横線の渋谷駅が地上にあった頃の一枚
駅前の横断歩道
向こうの上の方に地下鉄銀座線の高架や
旧東急文化会館に繋がる通路が見えるので
これはビックカメラの側から写した一枚

まだ駅前も至るところで工事中だった
(今も工事中だろうか?今どんな雰囲気になってるのか?)

最近は街にあまり出なくなったため
こういった類の写真はほとんど撮らなくなった
東京のこうした光景も今の自分にとっては何処か懐かしく感じられる


bessaflex tm mc pancolar 50/1.8 fp4+ d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/

栴檀草

tumblr_nxowsfpyz01s5t4vao1_400.jpg
kanagawa

栴檀草

この季節になると
このトゲトゲを撮ることが多い
子供の頃よくこれをズボンの裾にくっ付けて
家に帰って来ていた

未だにこのトゲトゲが休日の後に
ときどき部屋の中に落ちていることがある

子供時代と変わってない


bessaflex tm pancolar50/1.8 fp4+ d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/
profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR