Saul Leiter

131122-table540.jpg
kanagawa

ニューヨークの写真家ソール・ライターさん(Saul Leiter)が亡くなった
享年89歳だったという
そのニュースはFacebookのタイムラインで知ったのだけれど
僕はSaul Leiter氏は、もうとっくに故人だとばかり思っていたので
そのニュースを知ったときは何だか驚いた

この写真家のことは昨年
SNSで知り合ったSさんから教わった
教えてもらってすぐにインターネットで検索してみると
その写真家が残した僕の初めて眼にするイメージの数々は
もうどれもかなり古いもののはずなのに何故かとても新しく見え
僕はこの写真家のことが一気に好きになっていった

僕は以前よく、東京のあちこちに点在する洋書写真集の店店を
毎週末の様に訪ねて行っては書棚の中の様々な写真家の気になる作品集を
端から順に見に通っていたような時期があったのだけれど
このSaul Leiterのことだけは何故か全く知らなかった…

僕はまだSaul Leiterの作品集を持っていない
今回のニュースを知ってから無性にこの人の作品集が欲しくなった
こうしたインターネット上の画像ではなく
一枚一枚の写真を紙の印刷の上で、見てみたくなった

「Early Color」という一冊がとても気になっている
それは1948年から60年に掛けて撮影された作品集だという
同じニューヨークの写真でも
それはロバート・フランク、ウィリアム・クライン、ウィージー、
ダイアン・アーバス、ヘレン・レヴィットらの写真とは
まるで違う表情を持っている一冊なのだろうなと思う

彼の写真に登場する人々のなかにはいつも何処か深い哀愁が流れている
それは彼のなかを流れている「詩」でもあるのだと僕は思っている

今回いくつかの彼の死去に関する記事を見ていて
The New York Timesの記事のいちばん最後に
彼の生前残したというこんな言葉が載っていて気になった…

"I am not immersed in self-admiration," he said.
"When I am listening to Vivaldi or Japanese music or making spaghetti at 3 in the morning
and realize that I don't have the proper sauce for it,
fame is of no use."

彼はいったい日本のどんな音楽を聴いていたんだろう?

Saul Leiterさんのご冥福を祈ります




The New York Times "Arts" By MARGALIT FOX, Published: November 27, 2013





にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR