変化

131229-tushintai02-540.jpg
kanagawa

今年の終わり頃になって僕は二人の写真家との出会いから
自分の写真がどこかで大きく変化して、そして少しだけ前進出来た様な気がしている。

その一人は2009年にこの世を去ったニューヨークの写真家
Vivian Maierとの出会い。
彼女の写真と出会ってから、僕は何かよく解らない静かな衝撃を今でも受け続けている。
はじめは彼女の撮るセルフポートレイトをネット上で見て、その写真世界を知った。
あのときの衝撃というのはいったい何だったのだろう?
今でも上手く言葉に出来ないままだ。
そしてその後に見たニューヨークの街中で撮られた数々の人物スナップ群…。
それらは相当膨大な数に及ぶはずだ。
2009年に彼女が83歳で亡くなってから発見(発掘)されたものだというが
彼女は何年の間、そうやってコツコツと写真を撮り貯めて来ていたのだろう?
powerHouse BooksとCityfiles Pressから彼女の写真集が計3冊出されているが
その辺の逸話はそれらの本の中にきちんと書かれているはずだ。
( 英語力のない僕にはそれを翻訳するだけの能力もなく… )
彼女については今後映画化も予定されているそうなので
その辺の話はその中でいずれ明らかになるのだろう…。
近々、彼女の写真集だけは買っておこう、と心に決めている。

もう一人は某写真SNSで知り合った、こちらも女性の写真家 "Nさん"。
彼女のことをもし「写真家」などと目の前で呼んだら
途端に彼女は謙遜してしまうことだろう。
普段ふつうに仕事をして休日になると街に繰り出し
お気に入りの中判カメラとモノクロフィルムで人物スナップを撮っている女性である。
彼女はそのお人柄だろうかポートレイトや人物スナップをいつも上手に撮って来る。
その写真を見ているこちら側までもが何となく幸せな気分になって来る様な
そういう写真をいつも淡々と撮って来る。
その行動力と情熱は腰の重い自分から見たら、毎回ただ感心するしかない。
まだまだ彼女の撮る写真は完成されたものではない、と今は敢えて書いておくけれど
もし、彼女がこのままこの先も今と同様に次々に人物を撮り貯めて行った末には
おそらく物凄い力を備えた"素晴しい写真作品群"が生まれて来ているに違いないと
僕は密かに思っている。
もうそう遠くない何年か先に、彼女はいつしか他の追随を許さない位の
偉大で素晴しい「写真家」になっていることだろうと思う。

Vivian MaierもNさんもそれぞれに「人物」を撮ることに重きを置いている。
街中の人々を、それぞれ独自の視点で捉えている写真家たちだ。
僕はそんな彼女達の撮る人物写真を見ていて
そこに写されているものは、今迄の自分にいちばん欠けていたものだったのではないか?
ということに気付かされた。
自分自身の「写真観」のようなものがこの二人の写真との出会いによって
ガラリと変化した。
写真観が変わった、ということはつまり「世の中の見え方が変わった」ということでもある。
これは僕自身にとっては、"大きな事件" だった。

とは言っても自分は自分である。
自分の撮る写真は形の上ではそう大きく劇的に変わるものではないと思う。
けれど、明らかに写真に向かう"姿勢"みたいなものが以前と変わったな…と
ここ何週か外を歩く度に思う様になったことだけは確かだ。



......


今年、Blog『nori@』に遊びに来て下さった方々に心から感謝します。
どうぞ よい年をお迎え下さい。


......





にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR