可愛らしい機械

26102919096_335c819308_b.jpg

家からクルマでちょっと行った隣町に
一軒、クリーニングの取次をしてくれたり郵便ポストもある
昔ながらの食料雑貨店があり
何となく以前からその店のある風景が好きでした。

が、先日その前を通ってみたらお店は既に取り壊されていて
新しい家を建てている最中でした。

お店ももう、しばらく営業はしていなかった様子でしたが
とうとう完全に閉店して建物も壊されてしまったんだなと思うと
ちょっと寂しい気分になりました。


何故かこの店、正面からは撮っていなかったのですが
通りの横からの姿だけは残してありました。
郵便ポストの赤色が印象的だったので、カラーで残しておけば
良かったのかも知れません。

最近すっかり使わなくなってしまった、6x6蛇腹折畳みカメラ
"Super Fujica 6" で撮影。

このカメラのシャッター、いつも使い初めだけ
少し粘りがあったのですが、さっきちょっとレンズを外してやって
すぐに現れるシャッター羽根にベンジン一滴垂らし
ブロワーでシュッと吹いてあげたらいっぺんに快調になりました。

古いカメラは一寸した問題も簡単に修復出来るものが多いので
機械としての可愛らしさを感じます。

昔のカメラは大事に使ってあげたら一生モノ。

自分の歩調とも合ってる気がして使ってて嬉しい気分になれます。

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR