暑中見舞

290-540.jpg
kanagawa

"暑中見舞"はいつからいつ頃までに書くものなんだろう?
と思い調べてみたら
小暑(梅雨明け)から立秋(八月八日頃)までが "暑中見舞"で
立秋から八月の終わりまでが "残暑見舞" とのこと…

いったい誰が思いついたのだろう
こうした日本のとても細やかな挨拶のかたち


flexaret II mirar80/3.5 fomapan100 d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/

Comment

Junko | URL | 2015.08.08 11:07 | Edit
私はせっかく日本人として生まれたのに大雑把ですが(笑)日本の繊細なセンスって素敵。
(暦と太陽歴が若干ずれるのが残念!)
日本の色もそうですね。繊細な色調もそうですが、メーミングがまた粋!
ayu | URL | 2015.08.10 18:03
残暑お見舞い申し上げます。

今日は10日なので 残暑なのですね!
15日まで「暑中お見舞い」なのかと勘違いしていました。 (^^;)

ここ数日は すこーし気温が 下がったので
全然 違いますねっ!過ごしやすく感じます。
慣れってすごいですね、とはいっても最高気温30度いっているのに。。。身体の順応しようとする力からなのでしょうか。


nori. | URL | 2015.08.11 16:55 | Edit
Junkoさん、コメントどうもありがとう。

日本人の繊細な感性って、ホント、素敵ですよね。
でも、街を歩くと、ぜんぜんそういう繊細さを感じない人も
最近は随分とたくさん歩いている気がしなくもありません。

だけど、全体的なイメージでここ"日本"を見ると、いろいろ
細やかな感性によって名付けられた詩情ある色の名なども多くて、
何だか本当に高い文化を持つ国だよな、と思わされます。

100円SHOPみたいな赤青黄色の原色プラスチックばかり
普段から見ていると、そういう繊細さは忘れて行きそう
な気がしなくも無いですけどね…。

折角僕はここ日本で日本人として生まれて来たので、
ちょっと位はそういった細やかなセンスによって名付けられた
色のことなんかも、勉強しておきたいです。
勿論今回書いた時候の挨拶などについても。

"和の文化"について、本当に僕は何も知らないような気がするので…。
nori. | URL | 2015.08.11 17:30 | Edit
ayuさん、コメントどうもありがとう。
そして、残暑お見舞い申し上げます。^^

じつは僕も毎年のようにこの「暑中見舞」と「残暑見舞」の
時季が曖昧でよくわからなかったんです。
インターネットってこういうとき、本当に便利ですね。
すぐにそういうことも調べられます。

先日、ここ横浜に雨が降りました。
といっても、通り雨みたいな感じでしたけど…。
TVの天気予報の話によると、あの雨はなんと17日ぶりの雨だったのだとか。
いかに乾いていたか、という感じですよね。^^;

お陰で気温も少し低くなりました。が、Ayuさんが書いてくれた通り
それでもまだ30℃位なんです!
30℃で「少し涼しくなりましたね…」って、
ちょっと異常な会話だと思いませんか? 笑

大丈夫なんでしょうか、この地球。
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR