スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Verichrome-Pan

170224gumichu-hatake300.jpg


昨日少し二眼レフを持って出掛けて来た
といっても自転車で10分15分程度の畑と草っ原に行って来ただけのこと

詰めたフィルムは1983年期限切れのVerichrome-Pan
去年オークションで見つけて懐かしさ故に買ったものだった
買ったは良いけど、こんなに古くて写るのか?と思って
ずっとその辺に置きっ放しにしてたが
折角買ったのだしものは試し、と思ってちょっと使ってみることにした

Verichrome-Panは僕が初めて二眼レフを買ったときに初めて使ったフィルム

もう今は作られていない

畑や草っ原をうろうろ適当に撮影して、帰宅後珍しくすぐにフィルム現像をした
ちゃんと写ってるのか早く確認してみたかったのだ

期限切れて34年も経ってるので感度は当然下がってるはず
なので露光も2~3倍くらい長く掛けた
現像時間も指定されたものより数分長く現像してみた

…像が出た
思った以上に綺麗に出てくれた

巻紙が浮いてしまい端が感光してしまったけど
それがかえって写真を不思議な雰囲気に仕上げてくれた

34年間もいったいどこで眠ってたフィルムだったんだろう?

それにしてもたったの12枚
使い切るのはあっという間だった


Flexaret ll Kodak Verichrome-Pan D76 1:1 12min



Comment

Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。