スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の光

kusa.jpg
kanagawa

土曜日は梅雨も明けたばかりでとても蒸し暑かった。

午前中家の中のことをすべて片付けてから、午後になって、
隣町にある洞窟穴蔵のような欧風骨董店まで、ちょっと自転車で行ってみた。
その店は土曜日しか開いてないので、明日行くというわけにも行かない。
で、行ったら前回見に行った時に売ってたフランス製の布袋を
買って来ようと思った。

あの布袋は、そういえば何のために作られた袋だったのだろう?
前回はそこまで店主に聞いて来なかった。
郵便局か何処かで使う袋だろうか? 結構大きかった。
使われている布はキャンバス布で、おそらくコットン製。
ひょっとしたらジュート(黄麻)が少し織り込まれているかも知れない。
硬さ、柔らかさ、厚さとどれも程よく、色合いも
微妙な薄目のブラウンというかベージュ系でとても雰囲気がよかった。
それを「素材」として使って、何かバッグでも作ってみようと思った。

バス通りを二本越え川を越えた先を山側に入ったところに、その店はある。
よくこんな場所で商売が成り立つものだなあと思ってしまうような、
辺鄙なただの住宅地にひっそりとその店はある。
それでも行く度に誰かしらお客さんが数組は来てて、密かに人気店なのだ。

ところが着いたら店はなんと "休み" だった。
7月アタマで、既に「夏期休業中」という手書きの看板が立てられていた。
次回の営業は、10月からだという。
いったい何ヶ月間 "夏休み" なんだろう?
その間、ヨーロッパ方面に買い付けにでも出掛けているのだろうか…。

仕方ない。
その近所をぐるっと周ってみることにした。
持って来たWeltaの折畳み6x4.5カメラで、陽の当たる砂利の駐車場や
なんでもない道などを撮っていた。
空をふと見上げると、雲の形が綿菓子のような丸い形をしていたので
迷わずに撮った。
陽の光がすっかり真夏だった。
フィルムの交換をしていたら、額から汗がぽたぽた落ちて来た。










にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

Trackback

Trackback URL
http://nori441.blog.fc2.com/tb.php/532-05b6fb06

Comment

Ayu | URL | 2013.07.12 06:27 | Edit
洞窟穴蔵のような欧風骨董店のお店がとても気になります。土曜日しかあいてないのと、その夏季休業の長さは どんと構えたものを感じます(笑)それだけでは食べていかれないですよね。。。

そしてその布袋…これまた気になります♫触ってみたい・・・何に使っていたものなのか秋がきてもしnoriさんがお手にする時がやってきたら、教えてください♫

綿菓子のような丸い形の雲と空を撮ったお写真は
もしかして現像で…のあの写真でしょうか???
迷わず撮れる瞬間って
いいものですよね*
nori | URL | 2013.07.12 14:20 | Edit
Ayuさん、コメントどうもありがとう。
その欧風穴蔵骨董店は、偶然自転車で行ける場所に
あった、すごく雰囲気のいい骨董店なんですよ。
例のいつも僕の写真に登場する木のテーブルも
じつはそこで買ったものなんです。
Ayuさんきっと好きだろうなぁ…。^^
何か不思議な店で、土曜日しかやってないんです。
で、書いたとおり、"夏休み"がものすごく長い…。
不動産経営とかもしているみたいで、おそらく
それで食べて行ってる。笑
なんて、夢のない話は置いといて、本当にその店は
いいので、いつかAyuさんご夫婦にも来てもらいたいですよ。^^
10月入ったら、また行ってきます。
で、あの布袋、買ってきます。
こないだは開いてなくて、悔しかったですからね。笑

そうです、綿菓子雲は、こないだの現像失敗のです。
失敗というのか、そのフィルムがちょっと酷かったんです!涙
今後は、あのフィルムはもう使わない様にします。
で、真夏は出来るだけ、現像しない方がいいのかも知れません。笑

Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。