*

201209asagiri空地540
yamanashi













にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

Comment

にゃんころりん | URL | 2013.08.28 21:31 | Edit
前から気になっていたけど、
草の生えている道はやっぱりいいな。
自転車で走るには向かないけど...

このタイトルの*って、何ですか?
ちまま | URL | 2013.08.28 22:59 | Edit
この道はどこまで続くのかなぁ?
山のふもとまで?
荷車轢いたおじさんとか 通らないかな(笑)
nori | URL | 2013.08.29 07:04 | Edit
にゃんころりんさん、コメントどうもありがとう。
草の道は、いいですよね。
なかなかこういった道というのも、
少し遠く迄行かなくては僕の場合、見つからないんですが
見つけるとつい撮りたくなってしまいます。

^^たしかに、こういう道はマウンテンバイクのような
ごついタイヤを履いた自転車でないと沢山は
走れませんよね。

タイトルの「*」は、これといった意味は全然ありません。
書きたい言葉が見つからなかったときにただ
僕はよくこの「*」を付けてます。
僕にとって "無題" みたいな意味です。
nori | URL | 2013.08.29 07:13 | Edit
ちままさん、コメントどうもありがとう。
この道、実際にこの先迄は行ったことないのですが
ずーっと先迄続いてるんですよ。
長いんです、意外と。
うんと先の山の麓まで延びているかどうか分かりませんが
その手前に見えてる森のような林のような場所…
その辺迄は延びてる道なんです。

本当ですよね。
荷車引いたおじさんでも通ったら、また絵になるでしょうね。^^
ayuayuayuayua | URL | 2013.08.31 18:16
この道を歩いていくとどこに続くのかなと思わせてくれます…そして
それは夢の中のような…そんなことを
お写真を拝見していて
思いました。
この砂利道?の両側は何が広がってるのかしら?
こういう道がうちの周りにもたくさんあるけれど、それは田んぼの中ばかりです。車1台がやっと通れる幅なので、道の真ん中だけが草が生えたままの1本道。
なつかしい思いがします。
松江太郎 | URL | 2013.08.31 21:09 | Edit
この写真見てると子供の頃。。。
母を捜してアルゼンチンを旅してた記憶が蘇ります?!
靴に穴が空いて最悪だったような...

ま~そんな事よりカメピ終って隙間風が吹いてる…
喪黒 福造が現れてドーン!!とか言うじゃないかと心配です(--;yじゃまた
nori | URL | 2013.09.01 08:35 | Edit
ayuさん、コメントどうもありがとう。
モノクロだといろいろなことを想像出来ますよね。
現実の世界は色のついたカラーの世界なのに
モノクロ写真の世界は色が白と黒と無限のグレーしか
ありませんからね。
こういう広い場所、我が家の近くにはないので
たまにこういう場所に行くとわくわくします。
こういう場所が本当は近所にあったらいいんですけどね。
ayuさんの家の近くには田んぼが多いんですか?
それはうらやましいなぁ…。

クルマの轍のある一本道。
何処か懐かしいですよね。^^
nori | URL | 2013.09.01 08:45 | Edit
太郎さん、コメントどうもありがとう。
何かこのコメント読んでたら、アルゼンチンに行きたくなりました。笑
あのアニメ、いまの眼で見てみたいですね。
子供だった自分には、内容的にも深すぎます。
でも調べてみたら、彼はジェノバからアルゼンチンまで
旅立ったのであって、松江ではなかったですよ?笑

カメピは何処かこころの拠り所みたいな場所だったんでしょうね。
ああいうSNSは珍しかったんじゃないかな?
あの素朴さが今の時代にはかえって良かった…。

太郎さんはBlogなんて始めないのですか?^^
もし何か登録やスタートさせた時は、教えて下さいね。
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR