飛行機

130909-hikoki550.jpg
kanagawa

まだ桜の咲く少し前の3月頃
厚木飛行場の隣町にある公園まで散歩に行きました。
広々とした公園には家族連れやペット連れや老夫婦たちが
のんびりと遊びに来ていました。
アスレチック遊具に夢中になっているたくさんの子供たちの
無邪気な姿を見ながら
僕たちはもう少し人の少ない場所に行ってみました。

ベンチに座ってフィルム交換をしていると
上空を何機もの飛行機が大きな音と共に頻繁に飛んで行きます。
練習中の飛行機でしょうか。

これはそのときに撮った一枚です。










にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

Comment

にゃんころりん | URL | 2013.09.11 22:04 | Edit
軍用機ですか?
プロペラ機っていいですね。
こちらの方は旅客機しか飛んでません。
夕方になると、ひっきりなしです。
いつか、腰を据えて撮ってやろうと思いながら、
忘れてしまいます。
nori | URL | 2013.09.11 22:24 | Edit
にゃんころりんさん、コメントどうもありがとう。
いま、「米軍」という語を消しました。
どうやら日本の自衛隊と米軍とで共用の飛行場
らしいことが、検索したら解ったので。
この上空を飛ぶ飛行機は、おそらく軍用機です。
プロペラ機ってそういえば今旅客機では
よほど小さな離島などでないと、飛んでなさそうですね。

この公園は、基地の本当にすぐ横にあるので
飛行機の大音響がひっきりなしでした。
にゃんさんの所は伊丹空港の近くとかなのかな??

やっと涼しくなったので、一昨日やっと現像をしました。
この一枚もそのときに現像した中の一枚です。
(春のフィルムを今頃!^^)
松江太郎 | URL | 2013.09.12 00:28 | Edit
映画「風立ちぬ」みたらこの写真はピッタリです
軍用機でプロペラ…ネタバレになるので言いません(笑
nori | URL | 2013.09.12 08:09 | Edit
太郎さん、コメントどうもありがとう。
「風立ちぬ」は、宮崎駿監督最後の長編に
なってしまいましたね。
などと書きつつ、僕はじつは宮崎監督作品には
そんなに深い縁もなく今迄来てたので
そこまで深い感慨も無かったりします。
戦争の頃が舞台になっている物語だそうなので
当然、作品内では軍用機も出て来るのでしょうね。

丁度この写真をアップロードしたのが9/11 。
僕はニューヨークマンハッタンのあの日のことを
ふと、思い出していました。
にゃんころりん | URL | 2013.09.12 10:28 | Edit
伊丹空港にもプロペラ機はひっきりなしに飛んでくるのですが、
着陸侵入高度が高い上に機体が小さいので、
あまり面白くありません。=^_^;=
その点、ジェット機は、何度見ても異様です。
こんなもんが空中に浮かんでいていいのかなぁ、って。=^_^;=

夏場はブローニーで撮ってなかったので、
そろそろブローニーでも撮影して現像したくなってきました。
35mmだと、がっつり現像しないと満足できないけど、
ブローニーだと1本だけ現像しても満足感があるのが不思議。=^_^=
nori | URL | 2013.09.12 11:54 | Edit
にゃんさん、こんにちは。
ふたたびありがとう。
あ、そうなんだ?伊丹もプロペラ機は飛んでくるのか!
(何だか世の中知らないことだらけ。)
確かに機体小さい上に高度高いと写真に撮っても
ただの黒点にしかならなそう。笑
ジェット機、この近くだと首都高速湾岸線というのを
走っていると、羽田空港近くを通るときに見えるんです。
デカイよね、あれは。
で、本当によくあんなデカイのが空飛ぶよなと不思議でならない。
で、僕の目には結構シュールな光景に見えるんです。
飛行場で働いてる人には、何でもない当たり前の景色にしか
見えないのだろうけど。笑

僕はカメピでマイフレさんに教えて貰った6x9カメラを先日
ついに揃えてしまいました。
徐々に買い足していった感じです。
そのモルトだけ近日取り替えて、早速使ってみたいと思ってます。
マミヤプレスです。(あの宮崎勤が使用してたカメラで有名!)
重いので野外に持って出るかどうかは未定だけど
それで静物をじっくり撮ってみたいなと思ってます。
フィルムバック側でアオリが出来るカメラなんです。
ちょっとわくわくします。
中判の話になったので、思わず報告してしまったけど。笑

中判は、135と違って確かに1本だけでも満足感あるかもね。
135の軽快な感じも好きだけど、また全然別の感覚があるよね。^^
また撮ったら、是非見せてください!
Ayu | URL | 2013.09.13 17:28 | Edit
第一印象は、紙飛行機を飛ばしてるみたい♫でした。

空を見上げて飛行機を見つけると
「あ、飛行機だ」と つい言ってしまいます。虹もそうだし♫富士山もそうだし、東京タワーもそうだし(あえてスカイツリーはいれず…笑)。

飛行機に乗ることが、実は怖いんです、私。
「なんで こんな大きくて重いものが 飛んじゃうんだろ?」と考え出したり…自動車事故よりすくない飛行機事故のニュースの映像を思い出しちゃったりするからなのか…特に離陸と着陸時は緊張しちゃいます(笑)

それなのに、飛行機を見るのは好き という矛盾が
自分でも面白いです(*´▽`*)

nori | URL | 2013.09.14 09:54 | Edit
Ayuさん、コメントどうもありがとう。
あ、それ、うれしい感想かも。
紙飛行機、いいですよねぇー。
よく飛ぶ紙飛行機のつくり方、いろいろ知ってみたいんです。
(前々からそう思ってた。)

思わず「あ、○○だ!」と言ってしまうもの
たしかにありますね。笑
上記の中だったら、東京タワーなんて本当にそうかも。^^
富士山もきっと多くの人の中ではそのひとつなんでしょうね。
けど僕の場合、実家の窓から串刺しの富士山が見えたので(笑)、
あまりそこまでの感動がないんです。
(何と贅沢な…)

"串刺し富士"については、また機会があったら書きたいと思います。

飛行機みたいに巨大なものが本当、何であんな風に
空を浮かんで飛べるのか!?
不思議ですよねぇ。^^
飛行機に乗ることが怖い、というのは意外と多くの人もそういう感覚を
どこかに持っているような気がします。
もう何度も渡航歴のある旅馴れた人が
無事に空港に離陸着陸出来たときの
あの「ホッとする瞬間」について、切々と語っていたのを
僕は聞いたことがあります。笑
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR