雲一つ

130928-s_kumo540.jpg
kanagawa

天気がよかったので
二眼レフを持ってその辺を散歩する
フィルムがもうあと数枚しか無かったので
何処にも出掛けず
ただ、近所をうろうろすることにした

町並みを撮る
買い物に向かうおばちゃんの後姿を撮る
まぶしい光を撮る
今日に限って猫も居ないし
その位しか他に撮りたいものもない

何でこんな写真を撮ってるんだろう?
何をしてるんだろう?

帰るか、と思って坂を下りようとしたとき
雲が一つ浮かんでた








にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

Comment

ayuayuayuayua | URL | 2013.09.30 20:02 | Edit
こんな可愛らしくふんわりぷっかり(?)浮かんだ雲に
出会える瞬間って
いいですね。
それまでの時間が吹き飛んでしまう高揚感がありそうな気がしました。
真上のお日さまからの光に照らされてるかんじも好きです。
低い位置に浮かんでると、そのまま 飛び乗れそうな気分になっちゃいます(*^_^*)
なゆた | URL | 2013.09.30 21:21
私も、ときどき思います。
「何でこんな写真を撮ってるんだろう?
何をしてるんだろう?」って。
その答えはたくさん浮かぶんだけど、どれもしっくりこないんですよ。
でも、撮り続けたら、もっと何かが変わるんじゃないかって、そう思うので、カメラを持って出掛けます。
この雲みたいに、フワフワした疑問です。
egipanda | URL | 2013.09.30 23:54
そういう時もありますよね
私ももう日記のネタ尽きましたw
外に出てもいつもいる猫もいなければ実家の犬も小屋に引きこもりこっちを見向きもしないです><

あの距離で雲を撮れるのは良いですね
私のカメラだともう少し小さく写ってしまうかな
aco | URL | 2013.10.01 01:10 | Edit
最近はお散歩するにもキモチのいい気候ですね。
まだまだ昼間は暑いけれど
日陰に入れば風は涼しくて。
少し前までは、バイトが終わる頃明るかったのに
今はもう外に出たら真っ暗。
一日があっと言う間に過ぎて行くことに
寂しさを感じるこのごろです*
次の休みはこんな空が見れたらいいなー
...にしてもnoriさん かわいい雲見つけましたね^^
にゃんころりん | URL | 2013.10.01 11:20 | Edit
カメラを変えたり、フィルムを変えたり、
そうやって写欲を奮い立たせて、
そうまでして写真を撮りたいのか。
撮りたいです。=^_^;=

撮るものは常にたくさん身の周りにあるんだと思います。
ただ波長が合わなくて見えていないだけ。
けど、波長を合わせ過ぎても疲れます。
ゆるい波長で撮るものないと呟きつつ、
こういう雲をいただくのも乙なものです。
nori | URL | 2013.10.02 08:59 | Edit
ayuさん、コメントどうもありがとう。
ときどきふと空を見上げたときに、
こんな雲がぽかりと浮かんでいたりした時は
何だか運が良かったような、うれしい気分になれますね。

この時のような、適当なぶらぶら散歩の日は
写真なんて一枚の収穫もなくていいんですけどね。
でも、ちょっとこの雲と出会えたことはラッキーでした。^^
nori | URL | 2013.10.02 09:05 | Edit
なゆたさん、コメントどうもありがとう。。
なゆたさんもそういうとき、ありますか?
そういうことを考えてしまってる時は、大概いい写真て
撮れませんね。苦笑
なゆたさんのすごいところは、それでも撮り続けたら
もっと何かが変わるんじゃないか?と思って
撮り続けていることなんでしょうね。
僕はそういう事態が起きると、とたんにカメラを
持たなくなってしまうんですよ。苦笑
カメラ持って歩いてみれば、何かしらと出会えて
また撮ることも出来てくるんでしょうけどね。^^
nori | URL | 2013.10.02 09:13 | Edit
egipandaさん、コメントどうもありがとう。
egipandaさんの日記、いつも面白いですよ!
食べ物の話とか、ああいうのはなかなか普段
きちんと料理しない僕なんかには、まず書けない話です。
ひとつの料理を作るとき、そこまで至る間には
買い物中の話も書けるだろうし、買い物に行く途中に
見つけた何かについても書けるだろうし
その食材をどんな風に保存して調理したのか、とかも書けるだろうし。
ネタは至るところに転がってるはずです。
それを見つけ出せた段階で、もう半分は成功したようなものじゃないですか!^^

また、egipandaさんの日記、たのしみにしてますね!
nori | URL | 2013.10.02 09:18 | Edit
acoさん、コメントどうもありがとう!
最近、散歩には持って来いの日和ですよね。
なんて書きながら、今日は朝から雨ですけどね。笑
歩くには気温が丁度いいんですよね、ホント。

日が短くなりましたよねぇー。
その話、次のBlogで書こうと思ってたんですが
acoさんに先に書かれてしまいましたね。笑
そういえば、acoさんは空の写真って撮りませんね?
そうでもないのかな?
空の写真もacoさんには似合う気がしますが…。

僕はこういう雲を見つけたときは、迷わず撮ることに
していますね。^^
nori | URL | 2013.10.02 09:34 | Edit
にゃんころりんさん、コメントどうもありがとう。
おそらく、撮るものは世のそこら中にあるんですよね。
それを選別しているのは、自分自身の中の何か"フィルター" であって。
そういうフィルターの無い写真家、何人も知ってます。
若い頃、自分自身もそういうフィルターはありませんでした。
そうなると、何でもかんでも撮れてしまうんですね。
でもそれは自分にとってはちっとも面白くなかったんです。
人様のそういう写真を見てても、何だか疲れるだけだった…。

「自分」というものが無ければ、写真は無限なんだろうと思います。
「自分」というものがあるから、「その人の写真」というものが出来てくる。
にゃんさんが書かれている通り、何にでも波長を合わせ過ぎると
上記のようなフィルターの無い写真家になれるんだと思います。
但し、それは多分余程の体力がない限り、疲れるでしょうね。

僕は徐々に自分のなかにフィルターを作って来ました。
言い方を変えれば、どんどん自分自身を「狭く」して行きました。
自分の守備範囲を小さく、狭くすることで
逆に全体を写せないものか?と考えました。
その後、それが成功しているかどうかは、未だに判りません。
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR