スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の日の夜

jjjj.jpg
kanagawa

雨の日の夜






にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

Comment

なゆた | URL | 2014.01.16 21:31
この写真、どうなってるんですか?!
室内から窓越し??
何だかコラージュ写真みたいです♪
この季節の雨は冷たくて憂鬱ですね。
雪は降りそうで降らず。
カメラを持っていれば、その憂鬱も半減するから不思議なものです。
egipanda | URL | 2014.01.17 02:41
そっちは雨が降ったんですね
名古屋はなんとか晴れました
最近は遠くの山がすごく綺麗に見える程です
雨の日の写真はまたいつもとは別格ですね(^ω^)
nori | URL | 2014.01.17 09:06 | Edit
なゆたさん、コメントどうもありがとう。
これ、不思議な一枚になりました…。
じつはクルマの中から雨の日に撮りました。

雨の日ってカメラ一個持ってると、面白いですよね。
カメラ無しでも楽しいと感じられるような
人間にならないとなぁ…ともじつは思うのですが、
まだまだその境地までには至っていません…。

雨って一年間のなかでも、そう多くはないので
なかなかこういう面白い場面には出会えないんですけどね…。
nori | URL | 2014.01.17 09:14 | Edit
egipandaさん、コメントどうもありがとう。
いやいや、これは今日撮ったというものでは無いんですよ。
フィルムで撮ってるので、わりと前の写真です。

名古屋の辺りからだと、どの辺の山並みが見えるんですか?
行ったことない街から見える山並みは、すごく惹かれる風景です。

雨の日に写真を撮ると、いい写真が撮れる確率が上がります。
それは雨降る度にそう思います。
雨が日常の風景をちょっと変化させてくれるからなんでしょうね。
ちまま | URL | 2014.01.20 20:55 | Edit
モノクロのフィルムって使ったことないのですが、
カラーだと夜を撮るのにISO800やら1600やらって聞くけども、モノクロの場合はどうなるんだろう?
色の数が限られてるからISOもそんなに高くなくてもいいのかなぁ?
すっごい初歩的な質問なんですが、モノクロのフィルムって未知の世界なもので・・・^^;
nori | URL | 2014.01.20 22:52 | Edit
ちままさん、コメントどうもありがとう!
初歩的な質問、なんて書かないでもし不明点があれば
どんどん書いて来てくださいね。
僕自身も、こうして書く事で自分自身のなかで整理出来るようになれるので。
モノクロでもその辺のASA感度というのは一緒なんです。
フィルム感度は、夜だったらある程度高くないと撮れません。
でも、僕のような自家現像をやってる者だと、例え800とか1600のフィルムが
なくても、400のフィルムさえ持ってれば、それで「増感」が出来るんです。
増感というのは文字通り、感度を上げることです。
400の2倍で、800。400の4倍で1600です。
それは現像時間を長くしたり、現像液の温度を高くしたり、という方法があります。
(お店でも出来ますが、追加料金が掛かります。)
感度を上げて撮ることは、何ら問題ないのですが
代わりに、フィルムが元々持っている粒状性が崩れて来ます。
フィルム写真は細かな粒子の集まりで像を作っているものなんですが
ASA感度を上げて撮ると、その粒子が荒れて来るんです。
荒れると、当然、絵柄もざらざらした感じになって来ます。

要するに、そのフィルムの最高の粒状性を保てなくなるんですね。
粒粒が不揃いになってしまって、きれいな写真が残せないんです。

でも、モノクロの場合、粒状性が荒れてた方がかえって味があるなんて事も
多々あります。有名な森山大道氏の写真は、その荒れた粒子をわざと
作り上げた写真なんですね。
カラーでも増感現像は出来ます。
3200とか6400とかにも出来ないことはありません。
ただそういう必要性がなければ、わざわざやる意味もないかも知れません。
(わざと増感して、原色を際立たせて撮るカラー写真家もいるはずです。)

あと、モノクロでも、現行商品でASA3200のフィルムもあるんですよ。
少し前迄は1600のフィルムも発売されてました。
(いまも探せば何処かのメーカーで出してるかも?
そこまで詳しく知らないんですけどね…。^^)
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。