スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートフィルム

ytytyyyyyyy.jpg
kanagawa

みなとみらいにある小さな映画館で
4本立てのショートフィルムを観た
 
・ 「イースターエッグ」クロアチア 2012
・ 「トマト祭りの起源」スペイン 2011
・ 「バス発車いたします」イギリス 2012
・ 「寝てる間に」モロッコ 2012

いちばん長くても僅か18分弱の作品
短くて7分間の作品、ほか
2時間3時間とスクリーンを見続けなくてはならない映画よりも
いまの自分にはそんなショートフィルムが丁度心地よかった

何よりも居眠りをせずに済むのがいい

最近映画を観てて居眠りせずに終わりまで観られたためしがなかった
今回は珍しく一度ウトウトしたのみで
あとはしっかり目を見開いていられた
(結局今回もワンシーンだけは見逃したけれど)

…それにしてもどうしてこんなに毎日毎日眠たいのだろう


映画は4本それぞれに面白かった
クロアチアの作品、スペインの作品とそれぞれに面白かったが
イギリス映画の驚くほどの呆気なさと
モロッコ映画主人公女の子の可愛らしいキャラクター
そしてその映画の何でもないラストシーンがとくに印象に残った



http://www.brillia-sst.jp/theater_program/




にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

Comment

egipanda | URL | 2014.02.05 02:08
ああ。ショートムービーってじっくりと見た事はないんですよね
ましてやそういう小さな映画館に限ってやってるもんだから見に行ったこともなくて・・・
でも映画的にはフランス映画もたまに好きだなーって思える時もあるし、邦画でもB級映画も悪くないって思える事って結構ありますよね^^
nori | URL | 2014.02.05 09:35 | Edit
egipandaさん、コメントどうもありがとう。
名古屋方面にもそういう小さな映画を上映してる映画館ってありますか?
以前、東京横浜からそういう単館系映画ばかり上映してくれる映画館が
いっぺんに減ってしまった時期があったんです。
その頃以降かな?僕は一気に映画を観なくなりました。
でも今回偶然に 「こういう映画館がまた出来たのか!」と知って、
それで縁あって観に行くことが出来ました。
こういうショートムービー、本当に久しぶりでした。
まず、スクリーンで映画を観れたことがとても嬉しかったですね。
(映画って最近、映画館で全然観ないものですから。
この辺りの映画館は、大きな興行を目的にした様な映画ばかり上映してるので
どうもあまり関心が沸かないんです。)

小さな映画を上映してくれる映画館自体、本当に数少ないですからね。
そういう経営的に難しい小規模な映画館も公で少し補助して
運営することが出来たらいいのに、とたまに思います。
(公が入ってくると、また色々問題あるんですけどね…)

B級映画って面白いですよね。
所謂ハリウッド系映画のような完璧な作りのエンターテイメント映画よりも
僕はそういう方が好きですね。どこか出来損ないな感じが観てて楽しいです。

前に横浜で観た、「ソビエト映画特集」という企画がすごく良かったんです。
自分の全然知らなかった世界を目の当たりに出来た感じで。
また何かそういう自分の知らない世界を観せてくれる様な映画を沢山観てみたいです。

今回のこの映画館の企画は、本当に良かったですよ。
各地巡回されたらいいのに、と思います。
miura | URL | 2014.02.05 10:57
こんにちは。寒さがぶりかえしましたね。さむいさむい。。
写真、好きですよ。こういうかんじ。撮るのが難しいというかなんというか...
ここのところいろいろやることがあって落ち着いて写真に向かえないんですよね。写真はちょっと後回しになってます。
映画、面白そうですね。
2時間前後も映画館にいるのが窮屈に感じているのでショートムービーは良いかもしれません。小話というか短編小説っぽいところが好きです。
では、また!
きいち | URL | 2014.02.05 23:26
自分も映画2時間とかしんどいです。
何がしんどいかといえば止めれないってことです。

何とかならないんですかね。
あと座席をもう少し何とかして欲しい
ちまま | URL | 2014.02.06 15:56 | Edit
久しく映画を見ていないです。
その昔は(独身の頃ですが^^;)実家から映画館が近かったのもあって、レイトショーとか見に行ってたんですけどね。
今は『永遠の0』を見たいなぁと思うものの時間が…
映画を見ていると、ワンシーンごとに 「あ、これ写真で撮ったみたい!」って思えるような『部分』があるんですよ。
「あ、これ!カメラで撮ってみたい!」だとか撮影のヒントになるようなシーンだとか♪
カメラで写真を撮るようになって、そんな風に映画を見る事ができるようになりました(成長?)-笑
映画がアニメだと、そういう『目』では見れないんですが…^^;
nori | URL | 2014.02.06 18:41 | Edit
miuraさん、コメント有難うございます。
寒いですよね、ここ数日。
あの春みたいな暖かさを味わってしまったせいか、余計に身に沁みます。
こういう感じで撮りたいなと素直に思える風景って、いろいろ歩かないと
なかなか見つかりませんね。
写真、いいじゃないですか?のんびりでも。^^
僕も最近停滞気味です。いや、撮ることは撮ってるんですけど
全然現像をしていません、怠けてて。苦笑
せっかちな自分には、こうしたショートフィルムはすごく良かったですよ。
miuraさんも2時間とか拘束されて観るの、厳しい方ですか?^^
そうなんですよね、小説でも短編とか、僕なんかはエッセイみたいに
短いのばかり読んでます。
やっぱり根が「せっかち」なんでしょうか?笑
nori | URL | 2014.02.07 08:50 | Edit
きいちさん、コメントどうもありがとう。
きいちさんもあの長い映画の時間、しんどいですか?
本当にのめり込むくらい、すごい映画だったら
何とか2時間持つんですが
そうでない映画になると、2時間は流石に…^^;
"トイレ休憩"とかいって、一度休憩時間が入ればいいですけどね。
でもそれだと、夢中に観てた人がさめてしまうだろうし。笑

座席は、最近の映画館ってすごく良くて、
良すぎてすぐにウトウトしてしまうというのがあるんですよね。苦笑
固い椅子だったら、寝ずに観られたりして…。
nori | URL | 2014.02.07 09:05 | Edit
ちままさん、コメントいつもありがとう!
レイトショーですか。懐かしい響きですねぇ。
僕も20代の頃に何度か観に行きましたよ。
夜中中ずっとやってる6本立て、とかそういう無謀なやつ。
もう終わり頃になると、自分が何観たのか憶えてないんです。笑
ぐーぐーイビキかいて寝てる人も周りに結構居て。^^;

『永遠の0』ってどんな映画かな?と思って検索してみたら
零戦の映画なんですね。
人気のカッコイイ俳優さんが出て来る映画。
ちままさん、渋い映画が好きなんですねぇ?^^

ありますね、映画観ててこの風景撮りたい!と思うとき。
写真やってる人だと、意外とそういう思い抱く人、居そうですね。
映画の内容に熱中して観てないという…。
どこか冷めてるんですよね、眼が。笑
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。