土筆

140325-tukushi540.jpg
kanagawa

土筆を見つけて
まず撮って
そのあと採って
ウチに戻り
煮て食べた

この写真の中の何本かも胃袋行き

その辺に生えてるものを採って来て食べるということが
こんなにも幸せな気分になれるとは
ちょっと予想外…





Fomapan100 expired D76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

Comment

maRine* | URL | 2014.03.27 02:30
noriさんブログのアップすごいですね!(笑)

この写真いいなぁ。
やっぱりnoriさんの写真好きです♡

つくし=休耕田ってわかる気がします。
後はレンゲとかシロツメクサとか♪
子供の頃よく行きました。
懐かしいなぁ。。。
今でもレンゲやシロツメクサを見ると嬉しくなります♪
mayumi | URL | 2014.03.27 18:09 | Edit
ひゃ〜かわいい。
けなげな感じがします。
日本にいるとき、土筆って見たことなかったような…。
日本にいた長い時間、私はほとんど写真に興味を持たないまま、過ごしていました。日本で真剣にカメラと向き合ったのは、最後の2年間くらいかな?写真に興味を持つようになってきてから、世の中が少し見えて来たような気がします。今だったら、土筆にも気がついたかもしれないなあ…。
mayu | URL | 2014.03.27 22:33
つくし!春ですねー!
とてもかわいい写真ですね。
わたしも今年はnoriさん見習って、たくさん写真撮りたいです(笑)
egipanda | URL | 2014.03.28 03:20
土筆は天ぷらにできましたか?
私は相変わらず土筆は写真に納めて袋に入れるのが楽しみみたいなもんです

食べるならやっぱり菜の花かな^^
nori | URL | 2014.03.28 10:27 | Edit
maRine*さん、うれしいコメントどうもありがとう。
今回参考にしたHPはこちらでした。
http://www.ne.jp/asahi/ando/tanzawa/Kaisetsu/tsukushi.htm
読んでみると、やはり休耕畑に生えていることって
多いみたいでした。(休耕"田"ではないです。)
川の土手で見たこともあるのですが、その時は
こんな風に写真に撮ることも、採って来て食べることも
しませんでした…。

レンゲってそういえば、どんな花?と思って
調べてみたら、シロツメクサともよく似た花だったんですね。
僕は何しろ植物に疎いので、いろいろと知らないことだらけなんです。
シロツメクサは実家(団地)の芝生にも生えてて、
以前何度か姪っ子と一緒に四つ葉を探して遊びました。
男のくせに、女の子みたいなことしてますよね?笑
nori | URL | 2014.03.28 10:42 | Edit
mayumiさん、コメントどうもありがとう。
mayumiさんは子供時代、東京のど真ん中に暮らしてたのですか?
いま、ドイツではこういう土筆なんて、見かけますか?
英語だと「Horsetail」と言うらしいです。
"馬の尻尾" …
なるほど、と思いますね。

写真は世の中にある、色々なものに興味関心を向ける
いい切掛けになる趣味(作業?仕事?)の一つかも知れませんよね。
あと最近とてもよく思うのが、写真は出会いの切掛けとして
とても大きな存在だな、ということです。
それは人との出会いもそうだし、場所や、物、そして光や空気などとの出会いです。
雨や風との出会いなんかもそうです。
自然…、 目に見えている万物ですね。

写真はいろいろな事を自分に教えてくれるんですよね。
nori | URL | 2014.03.28 10:47 | Edit
mayuさん、うれしいコメントどうもありがとう。
土筆は、土の上にニョキニョキ生えてました。
漢字で「土の筆」、ですからね。
昔の人は上手い漢字を考え当てはめたなぁ、と思います。

かわいいですよね?こうして見ると土筆…^^

mayuさんも、また沢山の写真を撮って行って下さいね!
こないだmayuさんがアップしてたフィルム写真、
おもしろいのが一杯撮れてましたよ。^^
楡 | URL | 2014.03.28 10:52
つくし可愛いですね。
我が家の周りは自然と畑ばかりですが、でも考えてみるとつくしは最近見た覚えがありません。

周りの畑からお野菜を色々頂いたりしますが、そのお野菜を食べる時もなんとも言えない感動があります。
自然の恵みをダイレクトに頂いている!という感じで。

自分で採ったものならもっともっと感動するんでしょうね。
nori | URL | 2014.03.28 10:54 | Edit
egipandaさん、コメントどうもありがとう。
いや、天ぷらにはしていませんよ。
油たくさん使って台所汚すのが嫌で、
結局素朴に薄めの佃煮っぽくして戴きました。

去年の春にも土筆の写真は撮ってたのですが、
去年は採って戴く、という発想は沸きませんでした。
今年一回そんなことをしたので、
癖になって、また今度近いうち採りに行こうかなぁ?なんて
密かに思ってます。

菜の花の場合、どのくらいの大きさのだと
硬くなく、美味しく食べられるんだろう?
その辺も調べてみようと思いました。
nori | URL | 2014.03.28 11:08 | Edit
楡さん、コメントどうもありがとう。
意外と可愛いですよね、こうして地面すれすれで見る土筆って。笑

周りが自然と畑だらけの環境って、いい所ですねぇ。
いや、きっと注意して探したら、
何処かに土筆も生えてるかも知れませんよ?^^

いいですねぇ…畑で採れた野菜のお裾分け。
僕も写真撮りに行った畑で作業中のおばちゃんから一度
野菜を頂いちゃったことがありましたが、
何なんでしょう?あれは食べるとホントに感動しますね。
スーパーで買った野菜では味わえない不思議な感動がありますね。
(味はまぁ、一緒なんですが…)

あ、分かります!
「自然の恵みをダイレクトに頂いている」という感覚。
それって何かすごいパワーですよね。

ウチの小庭で去年、シソとかバジルとかミニトマトを作ってましたが、
そういう簡単な野菜だけでも、千切りしてパスタにのせたりサラダにしたり… 
それだけでもう、感動ものでした。
今冬に皆枯れて駄目になってしまったので、
またそろそろミニトマトでも植えたいな、と思ってます。

楡さんは畑とか、やらないんですか?^^
りょう | URL | 2014.04.02 02:04 | Edit
これは単にこれ以上寄れないカメラだったのかもしれませんが。
僕ならもっと寄って撮るでしょう。斬新な距離感でびっくりしました。これイイです!
nori | URL | 2014.04.03 08:24 | Edit
りょうさん、うれしいコメントどうも有難う。
りょうさんの写真と僕の写真はその意味、方向性が
こういう一枚を見ることで明らかに違うということが
よく解りますね。
撮ってる被写体は同じ様なものなんですけどね。

このカメラ、じつはもっと寄れるんですよ。^^
"クローズアップレンズ" というテを使うとですけど。
でも僕は今回、この距離を選んで撮りました。
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR