スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たいせつなこと

1405markisセルフ (1)
kanagawa

自分の足元をもっとしっかりと見ること
大きな夢を描くことよりも
自身の持っている現在のほんとうの力を
自らきちんと知ること

それらを踏まえた上で一歩ずつ前に進むこと

今回のサッカーW杯を観て学んだ
いちばんたいせつなことだったかも知れない





nikon new fm2 ultron40/2 presto400 d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

http://norinoomise.thebase.in/

Comment

ひよちん | URL | 2014.06.27 09:25 | Edit
!!!
わたしもね、最後のVSコロンビアの試合を見て似たようなことを思ったのです。

実力の差

サッカーをきちんと見れてるわけじゃないんだけど、3試合中で一番いい試合だと思いました。

ゴールを狙った回数はきっと勝ってたのに、点につながらない。
一生懸命やっても勝てない。

それが実力の差ってことなんだなって、しっかりと認識したのは初めてです。

足元をきちんと踏み固めて、自分の持ってる力を上げることが大切なんですね。

人と比べてじゃないんだな、って自分にとってかなりの根っこの部分を刺激されました。

この写真、いいですね(*^^*)
わたしも足元の写真、どっかで撮ってこよう。
nori | URL | 2014.06.27 19:10 | Edit
ひよちん、コメントどうも有難う!
コロンビア戦、あんなに眠たい時間でも観戦してたんだね。^^
そうだったよね、今大会日本の三試合の中でもいちばん観てて
わくわく出来た試合だったと思います。
だけど、書いてくれた通り、日本は得点になかなか結びつかない。
他の国々の試合を観ていると、ゴールシーンって本当に何か
ものすごい爆発力とでも言うのかな?一瞬の動きの鋭さというか
呆気に取られてしまうほどの動きだったり、連動があるものなんだけど
日本チームの選手たちからは、そういう"驚きの動き"というものが
ほとんど見られないんです。
そういうのが見れたのは、初戦コートジボワール戦で見た
本田選手の得点シーンだけだった気がします。
(勿論コロンビア戦、岡崎選手のヘディングのゴールも素晴らしかったです。)

技術は日本人、確かに備わっているのかも知れないんだけど、
それを超える何か一瞬のひらめきや、一瞬の爆発力みたいなものが
どうも欠けてる様な気がしたんだよね。
情熱とかパッションとかフィーリングとか、何かそういうものにも
繋がるものなんじゃないか?とも思ってるんだけど…。
直感的な部分です…。

自分自身が持っている技術や力というものを、普段からしっかり見つめて
常に客観視しながら、尚且つそれを最大限生かして仕事に繋げて行かないと
本物にはなって行けなそうな気もします。
自分の力にある程度酔うことも、実際、時には大事なんだけど、
それもきちんと冷静に見つめた上で、やって行かないと
後で痛い思いをしそうな気がします。

自分の目標の設定、というものにも相当冷静な判断が大事なんだろうなと
今回W杯を観てて、改めて感じました…。
がむしゃらやるばかりでは、どうにもならないのかも知れません。
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。