スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜散歩

140824-shot_grass.jpg
kanagawa

SNSで繋がっていたHさんが連休を使い横浜に遊びに来るというので
一度お会いしましょうということになって会って来た
Hさんは九州からわざわざ出て来る人だったので
普段出不精な僕もさすがに断るわけには行かず 会って来た

Hさんの撮るデジタルの写真は自分の撮る写真とはまるで違う
正直何処にも共通項がない気がする
それなのに何故か縁があってSNSで繋がっていた
(写真でなく人で繋がっていたのだ )

自分とまるで別の世界観を持った人と会うというのも時にはいいもので
いつもはまるで気付かない自分自身というものを気付かせて貰える

Hさんは横浜の山手に点在する西洋館を見に行きたいという
そういえば自分は横浜に長い間暮らしてて
山手の通りはこれまでに何度も通っているくせに
それらの洋館建物の中には一度もきちんと入ったことが無かった
九州からの旅人が声を掛けてくれたお陰で
山手の洋館内部を今回初めてじっくりと観ることが出来た

大正から昭和初期に建てられた西洋館の造りはとても贅沢で見事だった
昔の製法で作られた分厚い凸凹した硝子窓越しの横浜風景は
当時の横浜の西洋人たちが見て来た横浜風景の追体験でもあった


連休中の横浜はさすがに観光客が多かったが (一寸辟易する位に)
自分一人だったらまず入ることのなかったであろう休日の旧い洋館
今迄いろいろと知らずにいた横浜の歴史をほんの少しだけ知ることが出来た

Hさんに感謝したい



mirandaD soligor5cm/1.9 presto400 d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/ 

Comment

you | URL | 2014.09.15 21:25
洋館どんなだったんだろぅ
人が多いのは大変でしたね

空いてる時にゆっくりみたら
すてきな写真とれるかな?💦
nori | URL | 2014.09.16 02:52 | Edit
youさん、コメントどうもありがとう。
そう、休日の横浜観光は遊びに来ている人も多くて
なかなか写真を撮るのには大変でした。
今はいわゆる有名観光地って、みんな
何処でもそうかも知れませんよね。
空いている時だったら、たしかにゆっくりと写真も撮れるだろうと
思います。

横浜にずっと住んでるくせに、今回きちんと洋館建物内部を
見学したのは初めてだったので、
とても楽しめました。
写真よりも、歴史的な建築物を見るたのしみの方が
今回は大きかったですね。^^
ayuayuayuayua | URL | 2014.09.16 07:05 | Edit
横浜だったら…と思いを巡らせてみました。横浜港 おおさん橋に行ってみたい♪です。でも やっぱりひとが多そうですね。少ない時に くじらの背中を見てみたいです。あとは…あ!八景島シーパラダイスに 今まで一度も行ったことがないので一度は行ってみたいです!
もう完全に 観光客の一員ですね(笑)

なのに、ひとに酔うほうです。(笑)

洋館も 行ったことはないけれど、長崎に旅行に行った時にグラバー園に寄り、なにげに(?)洋館の古い作りの細部はツボです( ´ ▽ ` )ノ
nori | URL | 2014.09.16 12:12 | Edit
ayuさん、こんにちは。コメントいつも有難う。
横浜、今度遊びに来て下さい。
僕はすっかり今回横浜の再発見をさせてもらっちゃいました。

大桟橋はいいですよ!僕は横浜内の観光地のなかで
あそこがいちばん好きです。(中華街は勿論なので除く。笑)
くじらの背中?というのが何かあるんですか??^^
平日に休み取って、是非遊びに来て下さい。
八景島シーパラダイスは、昔、何回かクラゲを撮りに行きました。
もう何年も前のことですが。なかなか雰囲気良い、いいところですよ。
人に酔うなら尚更平日がいいですね。

横浜山手の洋館は再建築された、いかにも"歴史的展示物"な建物も
あるのですが、でも中には、本当に大正昭和初期からの建物
そのものの物件もあって、いろいろと楽しかったです。
昔造られた窓硝子がいいですよね。厚ぼったくて、
どことなく凸凹してて。当時の人たちは、こういう硝子窓から
外を眺めていたんだなぁ、と思って、ちょっと感慨深かったです。

チェコの写真家 Josef Sudekが、昔窓からの景色を撮った
シリーズを発表していますが、あれらもみんな凸凹硝子でした。
(でこぼこという表現もあまり上手くありません。
現代の洗練された硝子と違って厚みが不均一で何処かぽってりした硝子、
と書けば上手く伝わるでしょうか?)
硝子が違うだけで、世界観って変わるのかも知れません。
その硝子越しに見た横浜は、何処か詩的でしたからね…。

建物内の様々な細部もよかったですよ。とくに今回浴室に惹かれました。
シャワーのデザインとか、流し台、蛇口、トイレ、浴槽のデザインとか、
ちいさな石鹸入れのデザインも、お洒落でしたね。
何でもカンでも合理性機能性ばかりな現代って、何と味気ない世界なんだろう
とも思いましたね。

ayuさん横浜、なかなか面白いですよ。いつか是非。^^
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。