スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

September fifteenth

park540.jpg
kanagawa

つい先日Facebookのタイムラインで9月15日がBill Evansの命日だと知った。
改めてWikipediaで調べてみると「Died : September 15, 1980 (aged 51)」と
書かれてあるので間違いないはず。
51歳でこの世を去っているということは、自分ももうじき…かも知れない。
いつだってそういう可能性はある、ということだろう。

昨日の昼過ぎ、大きな地震が久しぶりにあった。
もうおしまいかも知れないと一瞬思った。
そういう瞬間は実際にある。
今出来ることは今やっておこう。
2011年3月11日にたしか一度そういう気持になっていたはずが
いつの間にかすっかりその気持を忘れている自分がいる。

Bill Evans の命日をそのままタイトルにしたPat Metheny の曲がある。
"September fifteenth"
これはそういう曲だったということをつまりそのFacebookのタイムラインで知った。
Bill Evansの死を想い、
Pat MethenyがLyle Maysと一緒にその曲を演奏している。
もう何だかそれだけで僕は十二分に嬉しい。

さっきそのPat Metheny"September fifteenth"をYouTubeで聴いていた。
そして今はBill Evansの死後、追悼盤として発売された
『You Must Believe In Spring』 のCDを聴きながらこれを書いている。

今朝の空はすっきりしていないけれど、乾いた空気が心地いい…


https://www.youtube.com/watch?v=CA3lSTDPPuE
https://www.youtube.com/watch?v=FTlKzkdtW9I&list=PL2B46B2DD9B4AE2DA


yashica mat 124g yashinon80/3.5 fp4+ expired d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/ 

Comment

mayu | URL | 2014.09.18 13:26
地震、大丈夫でした?
かなり大きかったですね。
ほんとに、1日1日を
大切に過ごしていきたいと思いました。
悔いのなにように。(笑)
nori | URL | 2014.09.18 13:36 | Edit
mayuさん、コメントどうもありがとう。
そう、mayuさん家の方面なんて、かなり揺れたそうじゃないですか!?
mayuさんの家は大丈夫だったのかな?と、思ってたんですよ。
mayuさんの方こそ、大丈夫だったでしょうか?
ここ横浜は震度4だったかな?
とりあえず何でもなくて大丈夫だったですよ。
(…どうもありがとう。)

3.11の大震災から、日本の下の方の地殻、かなり活動が活発化してる
らしいので、こわいですよね。
僕らには何も出来ないですからね。
ただ、自衛出来るところだけ、自衛するしかないんだろな。

一日一日、本当に大事だなと思うこの頃です。

また、遊びに来て下さいね。
どうもありがとう!
ちまま | URL | 2014.09.18 17:00 | Edit
震度でみると大きな地震でしたよね。
とにかく、何もなくてよかったっと思っています。
私も阪神淡路大震災の時には、余震が来るたびに焦りました。
当時実家にいた子どもは私だけだったので、とにかく前に進まないとって。父も母も頑張ってたし。
結婚して、子どもができてからは、1日1日がとっても早くて、時を無駄にしてはいけないっていう感じで時間に迫られている自分がいたり。
自分も年とってきたからってのもあるし、動作がやはり遅くなってきているのもあるし・・・^^;
とにかく、今は「時を大切に」つかって生きていたいです^^
ひよちん | URL | 2014.09.19 17:46 | Edit
最後の1文がすぅ〜っとはいってきました(*^^*)
ついこないだまで暑い暑い言ってたのにね。季節は巡ってるし、時間は刻々と過ぎてる。

いつ何が起きても悔いが残らないように暮らしたいと思うけれど、平和な日々の中にいたら、ついなんとなくのまま過ごしちゃうなぁ。


なにげない風景を、なにかありそうな雰囲気ある写真にしてしまうのりさんマジック☆ですね♪
| | 2014.09.21 15:39
このコメントは管理人のみ閲覧できます
nori | URL | 2014.09.21 19:54 | Edit
ちままさん、コメントどうもありがとう。
少し返信遅れてしまってすみません!
こないだの地震は、少しドキっとしました。
3.11の時の地震を思わせるような、そんな揺れを感じさせる地震でもあったので…。

阪神淡路のときは、ちままさん何歳頃だったんでしょう?
あの時、神奈川に居た僕は何やら神戸でとんでもない大地震があったらしい
という情報だけ、朝、TVで聴いて知りました。
その日丁度出掛けてたので詳しくは帰宅後TV映像で観て、はじめてその凄い
出来事が起きてたのだと知りました。
たった一人で家にいた子だったちままさんには、
頻繁に来る余震はさぞかし怖かったでしょうね。

お子さん出来てからは、やっぱり日々は追われる様に過ぎて行きますか?
僕は子供は居ないけれど、それでも日々いつもあっという間です。
お子さんが居ながら、自分自身の写真もやっているというちままさんは
本当に凄いな、と思ってしまいます。

時間、大切ですよね、ほんとに…。
一日一日を大切に、なるべく無駄にしないような生き方をして行きたいものですよね。
nori | URL | 2014.09.21 21:55 | Edit
ひよちん、コメントどうも有り難う。
最後の一文、すーっと入って行きましたか?^^

そうだよね?
ついこないだまで「暑い暑い」と言ってた夏も、
あっという間に終わってしまって、今では夜なんて
窓を開けっ放しにしてたらすっかり寒いくらいだもんね。

「いつ何が起きても悔いが残らないような暮らし方をしたい…」
とは、言葉では簡単に言えることだけど、
意外とところどころで怠けてしまったりしてね…。
でもそういう時々のだらだらも、けして悪いことではないし…(というか寧ろ必要かも)。

僕にとって写真はとても重要な表現手段でもあるので、
ものすごくそこにウェイトを置いた生活になってしまっています。
が、その影響で暮らしの中で見落としている重要な部分も多いのではないか?と
よく思います。

何気ない風景を何かありそうな写真にしてしまうことが、
はたしてこの人生においてどの程度重要なことか??
そう考えると、写真なんて訳の解からないモノだということがはっきりと解かって来ます。
ようするに、写真は「芸術」なんです。
本来は、無くてもいいものです。
だけど、無いと困るもの…。

何だか何を自分で書いてるのか、分からなくなって来たので
この辺で、終わりますね。^^;

ではでは。

Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。