スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジカラーの店

140930-Fujicolor540.jpg
kanagawa

自然公園からの帰り道に
フジカラーの店舗テントをみつけた

デジタルカメラが世の中に大普及してから
少しずつ「フジカラー」の看板や店舗テント自体が
ノスタルジックな風景になって来ている気がする
今にコカ・コーラ看板の店と同じような存在になるのだろうか
この写真店ももう営業していなかった

今迄看板文字の類は出来るだけ
撮らないようにと思いながら写真を撮って来たけれど
今後は自分のアンテナに引っ掛かって来た看板文字類は
積極的に撮って行こうと思っている



flexaretⅡ mirar80/3.5 fomapan100 expired d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/ 

Comment

Ayu | URL | 2014.10.03 06:38 | Edit
ピンホールカメラで撮影されたような
全体もノスタルジックな雰囲気ですね!
好きな光やおくゆきに包まれていて いいなぁと感じました。
看板文字のフォントも なつかしく思います。
以前の記事にも 看板のお話があったのを思い出しました。
カタカナじゃないところもレアな気がするのは私だけでしょうか?「フジカラー」 
nori | URL | 2014.10.03 09:16 | Edit
Ayuさん、コメントどうもありがとう。
この時間帯この方角…は、丁度逆光なんです。
太陽目掛けてレンズ向けてたので、こんな一枚になりました。
つい最近まで「FUJICOLOR」の看板なんてその辺に
ごろごろあったんですけどね。
近年次々に写真店が閉店に追い込まれてしまって、
この頃あまり見なくなってしまった気がしています。
いや、まだまだ沢山街に出れば見掛けるんでしょうけどね…。

最近出来る店舗看板って、パソコンのフォントをそのまま
看板にしているものだらけで、本当に見ててつまらないんです。
その点、ちょっと昔の店に掲げてある看板類は、まだパソコンを
使ってない時代のものも多いので、それなりに個性を感じます。
自分が生まれ育った時代は、まだ街に個性らしきものが
残ってたのかも知れません。

風景って自分が気付かないうちに、いつの間にか
変わってしまってるんです。店々も変わって
古かった看板も新しくなってて、どんどん風景は変わっていく。

レアですかね?英語の「フジカラー」。^^
にゃんころりん | URL | 2014.10.04 17:31 | Edit
光がしぶきみたいになっているのはフレアですか?
こんなフレア出るんでしょうか。
看板の文字が目立たないように光を撒いてやったぞ、
と写真の神様がきまぐれちょっかいを出したみたいです。=^_^;=

コダックとかフジフィルムとかの看板ときたま見かけますが、ほとんどの場合、営業していない写真屋さんの看板ですね。
そのうち、ボンカレーとかリポビタンDとかと同じ扱いになるのかな。あ、こっちは今も現役商品か....=^_^;=
nori | URL | 2014.10.05 12:31 | Edit
にゃんさん、コメントどうも有り難う。
この光のしぶきみたいに見えてるのは、
フィルムベース上に塗ってある感光乳剤が劣化?している状態…
と書けばいいでしょうか。
"expired film....期限切れフィルム"なんです。
fomapan100の期限切れだと、こんな感じのムラが出ます。
他社製フィルムの場合、また少し違った感じのムラになるんです。
メーカーによって製法が違うのでその辺の劣化の現象まで
微妙に違ってくるみたいです。
残念ながら神様の仕業ではありません…。笑

この写真屋さんも、既に営業していませんでした。
(もう、店閉めて何年も経っている様な感じでした)
ボンカレーやオロナミンC(←これのことですよね?)の看板は、
日本の看板史上の金字塔みたいな二つですが、
「FUJICOLOR」の看板も今後それらに負けないくらい人々の心に残る
看板になって行くんでしょうね。
僕はコカ・コーラ看板的な感覚でこの「FUJICOLOR」看板を
いつも眺めてます。
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。