ホーンの音色

141001-reiko540.jpg
kanagawa

先日CDを一枚買った
Kenny Wheelerの"Angel Song"という1997年のアルバム

Kennyさんは今年の9月に既に遠くへ旅立っている
そのニュースを知ったのはFacebook上で
音楽家のD.シルヴィアンさん自身の書いた投稿でだったが
そこには"Good bye Kenny."という文が書かれていた

急にKennyさんのホーンの音が聴きたくなって
彼が参加しているアルバム David Sylvian の"Gone To Earth"を
そのとき直ぐに聴いてみたのだけれど
それだけでは何だか物足りなくて
Kenny Wheelerのリーダーアルバムをはじめて買ってみた

何と書いたらいいのか分からないけれど
その哀愁漂うホーンの音色にとても惹かれている

買ってみてよかった
今度もう一枚、他のアルバムも聴いてみたいと思う

今日みたいな冷たい雨の日にはとくによく合う音だと思う


https://www.youtube.com/watch?v=0p8iDeRhn3Y
https://www.youtube.com/watch?v=en8Ivh03rvY


flexaret II mirar80/3.5 efke r100 d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/

Comment

Ayu | URL | 2014.11.21 05:57 | Edit
写真を拝見して
スナックは どうして 窓がないのかということを
いつも 思うのです。(^^)

雨の日の音楽いいですね♪
雨音をバックに。
YOU TUBEで聴いてきました♪
nori | URL | 2014.11.21 18:42 | Edit
Ayuさん、コメントどうもありがとう。
そういえば、そうですね。
こういう雰囲気のスナックって、そういえば窓がないですね。
例えあってもものすごく小さな色硝子の窓だったりする…。
束の間現実から逃れるために、窓は無い方がいいのかも知れませんね。
スナックの中は、あくまでも現実から離れた「異空間」でなくてはならないのではないか?
それで、ああいう作りになってるんじゃないのか?なんて
勝手に空想するのですが、実際のところ、どうなんでしょうね?

カウンター席のお客を心地よく酔わせるための
ひとつの巧みな舞台装置にもなっている気が、どうもします。(想像ですが…)
実際にそこで飲んでみないことには、本当のことは解らないですね。
でも、お酒の飲めない僕にはちょっと怖くて入れそうにありません。^^

雨の日に音楽って、本当に合うんです。
東京西荻窪には「雨と休日」という名前のセレクトCDショップまであるくらいです。
僕はべつにそこの宣伝で書いてるワケではないのですが、
何とも素敵な店名を付けたものだなぁ、とその名を見てると
いつも関心してしまうんです。^^
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR