不安と安堵と祈り



すごい風だった


停電で早目に仕事を上がれたという

Yちゃんとメール

絵文字からもらえたあたたかな微笑


数年前働いていた工房の

営業マンだったHさんと

ようやく連絡がつき久々に声を聞けた


たてつづけのうれしい言葉と声



いつまで経っても終らない不安と

つかの間の安堵感




度重なる揺れのせいか

揺れてなくても自分だけが何故か揺れている

そんな錯覚がずっと続いている



TVの向こうでは無情な雪が舞っていた



はやくあたたかくなれと


ひたすら祈る



















 

Trackback

Trackback URL
http://nori441.blog.fc2.com/tb.php/87-5f453042

Comment

Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR