スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真 ≒ 詩

141229ringo.jpg
kanagawa

写真は時を止める。
一瞬という時間を凍結させてしまう。
そこにはいったい何が写り込むんだろう?とこれまでいろいろと考えて来た。

そこに写り込むものは、「シャッターを押した者の向けたひとつの気持」
という一言でおそらく間違いはないはず。
そこに例え家族や恋人友人或いは自分自身が写っていても
美しい草花が写されていたとしても
海や山々や都会のビルや街中を歩く人々の姿であっても
事件事故や戦争の現場であっても
スポーツ選手の雄姿や芸術家の姿でも
船や飛行機やロケットや電車や車やバイク自転車でも
猫でも犬でも昆虫でも微生物でも雲でも雨でも雪でも
空気でも光でも…

すべての写真はそのシャッターを押した者が向けた「ひとつの気持」なのだと思う。


写真が止めた時間は、完全に静止している時間。
そんな時間というものは現実には存在しない。
時間というものは本来刻々と動き続けているもののはずだけれど
それを写真はぴたりと止めてしまう。

僕らはいつも動き続ける時間のなかで彷徨うようにしながら暮らしている。
例え怠けていても、寝ていても、じつは僕たちは動いている。
けして一時も止まることは出来ない。
その当たり前に動いている時間を、写真は見事に静止させてしまう。

そのことの意味とは、いったい何なんだろう?といつも思う。
何故わざわざ動いている時を止めたりするのだろう?
いつもカメラ片手に歩いているくせに、いつになっても答えは見つからない。

......

僕は写真はすべて"詩"のようなものであると思うようになった。

一枚一枚の写真は例えどんな種類の写真であってもすべて"≒詩"である…と。
そう思うようになってから、写真というものが何か
だんだん自分でも"腑に落ちる"ようになって来た。
自分自身も含め例えどんな人が撮った写真も皆
撮影者のひとつの気持の籠った"≒詩"だと思うようになって以降
写真がどんどんよく見えるようになって行った。


(但し、見えるというのと撮れるというのはまた別の話。)



rolleiflex sl35 planar 50/1.8 orwo np27 expired d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/

Comment

なゆた | URL | 2014.12.31 16:42
時を止める。
過去を残すという意味では映像もそうなんでしょうけど、止めるからこそ、写真は飽きない。
映像は、情報が多すぎます。
その時に発した言葉、仕草は、映像だとそれが全て、それだけ。
でも、写真は「あのときこんなことあったよね。」みたいに、会話が膨らむ。
半分以上は、曖昧な記憶と想像力。
でも、その不完全さが好きです。
私にとっては、「写真≒小説」かもしれません。

一年間、お世話になりました。
また来年も、飽きることなく写真について語りましょう(笑)
ちまま | URL | 2014.12.31 23:22 | Edit
スマホからこんばんは!
この、何だか儚げなリンゴが何とも言えない淡い存在です。
記憶を脳裏に呼び起こしたイメージというか、ね。
私にとっては、どうなんだろう?
キモチが入らないと思う写真にはならないという結果が、私にはあるんです。
気忙しい今月撮った写真は、物足りない写真になってたりね。


トイレットペーパーなどの紙類が、来月から値上げですね。
今日、トイレットペーパーとキッチンペーパーを買いました。
何でティッシュペーパーも買わなかったんだろう?!(苦笑)

noriさん、ココやもう一つのとこなFBやら、いろんなところでありがとうございました‼︎
来年も、何で何卒宜しくお願いします〜♪
ひよちん | URL | 2015.01.01 02:02 | Edit
あ〜そうか、だから写真と言葉はしっくりくるのか〜って、のりさんの日記読んで腑に落ちました(*^^*)

この1年、写真ってなんだろう。。って考えてもよくわからなくて、なんで写真してるんだろうって考えてもよくわからなくて、結局あやふやなままです。

自分でもいつか腑に落ちる言葉がふと見つかるといいなぁ。

去年はたくさんありがとうございました!

(寝てるうちに年越ししてしまって、1年の締めのごあいさつをしたらいいのか、新年のごあいさつか、いろんなとこにコメント書きながらどっちも書けないまま徘徊しているわたしです。。)
you | URL | 2015.01.01 12:25
今年もヨロシクお願いします♪
今年もnoriさんの優しいPhoto楽しみにしてます。
こっちの記事好きなんだぁ〜°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
楽しみにしてます!
H/S | URL | 2015.01.02 09:38 | Edit
おめでとうございます。ネットコミューへの興味が薄れ離れ久しいですが、noriさんの写真は度々覗きに来てました。ほんと覗くばかりですけど。写真には様々な役目があり、使い方もある。そして楽しみ方もある。全ての写真に詩が当てはまるのかは分からないけど、詩や物語を感じる写真は有りますね。そんな写真を個人的には好んでいますけど。確かに写真は一見止まって見えるのですが、しかしその一瞬には間違いなく何らかの動きが有る気もします。空気感だったり、ちょっとしたブレだったり。例え静物写真であっても、その一枚のストーリーは動いているような。そこが面白い。今年も度々覗きに来るかと思いますが、宜しくお願いします。
nori | URL | 2015.01.02 12:02 | Edit
なゆたさん、新年おめでとう。
なるほど、「止めるからこそ、写真は飽きない」か…。
映像をいろいろと見る機会は、最近以前にも増して多くなってるけど
その後で自分のなかに残るものは "写真"とは明らかに違うんです。
その違いってそういえば何なんだろう?とよく思うんだけれど。。

写真の "曖昧な記憶と想像力"
"不完全さが好き"

なゆたさん、いいこと言うなぁ。
そうか、なゆたさんは「写真≒小説」かも知れないんだね。
何となくわかる、というか、それってなゆたさんっぽいです、とても。

年末に書いてくれたコメントだったのに、返信が遅れてしまいました。
また今年もよろしくお願いします。
横浜散歩、今年は実現させようね!笑
nori | URL | 2015.01.02 15:14 | Edit
ちままさん、新年おめでとう。
スマホからありがとう!^^
ちままさんの写真には、気持、入り込んでますよね…。
それは見ているこちら側にも、しっかりと伝わってます。^^
気忙しいときサッと撮った写真でも
時々奇跡が起こる可能性はあるけれど、笑
でも「自分は本当にこういうのが撮りたかったんだ!」と
思える様な写真というのは、やっぱりじっくりと
気持を込めて撮った写真でないと…というところは
あるかも知れないですよね。

あぁ、トイレットペーパーも今月高くなるんでしたっけ。
嫌ですねぇ。最近何でもカンでも値上げばかり。
ガソリンだけ何故か少し下がってるけど…。

ちままさん、僕の方こそ、いつもあっちこっちで
いろいろどうも有難う!
また今年もよろしくお願いしますね。
ちままさんご家族皆さんにとって、よい一年であります様に!^^
nori | URL | 2015.01.03 08:29 | Edit
ひよちん、新年おめでとう。
元旦の夜中に来てくれて、コメントまで残してくれて…
もうそれだけで、大感激です。今年も早速いいことありました。笑

ちょっと待って! 
「あ〜そうか」って、そんな簡単に納得しなくても…。^^

言葉というものは、ひとつひとつの事象を限定してしまうもの。
なので、あまりにも写真と言葉が密接に近付き過ぎると、おそらく写真は
とても平板(説明的)なものになってしまうはずです。
って写真は表面に見える世界を紙っぺらに写すだけのものなので
元から平板ではあるのだけれどね。笑

写真とは現実の複写である。(by 荒木経惟)

人によっては、物事を言葉で区切らないとなかなか前に進んで行けない
という場合もあるので、そういう人にとっては
言葉が決まると一歩前に出られた気がして来る場合もありますね。
僕自身、何処かそういうところのある人間だったりします。

「詩」というと、僕は大分昔に、谷川俊太郎の『定義』というタイトルの
詩集を読んだことがあって、また、谷川さんのいくつかエッセイや対談集も
読んだことがあって、そこで、具体的にどう書かれてたかは
忘れてしまったけども、こんな事が書かれてあったのを憶えてて、
そのときの言葉が、自分の写真にもとても大きな影響を与えてくれているんです。

新聞の切抜きや折込み広告も"詩"であると言える。
役所に提出する○○届けもまた、"詩"と言える。
行を変えていかにも"詩"らしい、ああいう形のものだけが"詩"であるとは限らない。
みたいな事が、書かれてあったんです。
それを読んだとき、あ、詩って本当に自由なんだな、と思いました。
で、つい先日も何処かで谷川さんの言葉と出会ったのですが、
"犬の遠吠えこそ詩じゃないか" みたいなことも書かれてありました。

それらは皆、写真に置き換えられるな、と僕はすぐさま思いました。
目に映るもの全ては写真になり得る…わけです。


「写真ってなんだろう?」ということは、僕もいつも考えています。
考える、けどあやふやなまま、ということは、言葉化させてはっきりさせたがっている
自分という者がいる、というわけでもあります。
そういう姿勢って、重要じゃないか。
そういうのをせずにただ漠然と撮るのだって、まぁ、ただの趣味なのでそれでも
OKなのだろうけど、そういう姿勢を持ち続けることで、単なる趣味が単なる趣味の域を
超えられるんじゃないか。


「写真 ≒ 詩」だと思ったのは、共にそれだけ範囲が広大で、これだというものに
なかなか限定出来ないものである、ということ。
それはすなわち、一歩間違えるととてつもなく "曖昧なもの" にもなり兼ねない。
両者とも実にはっきりしないものの代表選手みたいなものだなと思って、
それで今回の文を書いてみました。


最後にひよちんが上で書いてくれた文章をそのまま引用します。

(寝てるうちに年越ししてしまって、
1年の締めのごあいさつをしたらいいのか、
新年のごあいさつか、
いろんなとこにコメント書きながらどっちも書けないまま徘徊しているわたしです。。)

↑これって、とても "詩的" だと思う。
写真というものも、何処かこんな感じのものだなと、常日頃感じてる僕です。

ひよちん、コトヨロ。^^
nori | URL | 2015.01.03 09:31 | Edit
youさん、新年おめでとう。
ふだん僕は、あっちのSNSこっちのSNSと、あちこちに
写真を載せ過ぎているために、なかなかLatteに行けずにいるけど
行くといつも必ずyouさんの写真は見てます。^^
(うっかり見逃してる日もあるけどね…笑)

youさんがいつも僕の写真について書いてくれる
「優しい写真」という言葉は、自分の中にすごく残ってる言葉なんですよ。
それはyouさんのおそらく直感力みたいなもので、
そう感じ取ってくれて、そういう風に書いてくれてると思うんだけど
そうかなぁ?俺の写真って、そんなにやさしいのかなぁ?ってよく思います。

自分じゃぜんぜんそういうつもりでは撮ってないのにね。

でもそれは褒め言葉なのだから、
そういう言葉はきちんと受け止めさせてもらおうと思ってます。
youさん、感謝!

youさんって不器用だよね。^^
写真見てていつもそう思うんです。
でもそこがyouさんのいいところだし、そこが僕は好きです。
Latteにいる人たちの中にはとても写真が上手い人が多くて
皆カッコよかったり、キレイだったりして一瞬いいなとも思えるんだけど
何か、自分自身の本音の部分を隠しながら、皆カッコつけてる様な気がして、
何か、好きになれないんです。(あ、正直書いてしまった…笑)
器用になんでもこなしてしまってる気がして、どうも共感得られない。

だけど、youさんはそういう写真はまず撮らない人だし、
すごく自分に正直な写真を残している人だな、と思いながらいつも拝見しています。

これからもお互い、たくさん写真撮って行きましょう!
またyouさんの写真見に行きます。
ことしもよろしくお願いします。^^
nori | URL | 2015.01.03 15:08 | Edit
H/Sさん、お久しぶりです。新年おめでとうございます。
時々このBlogを覗きに来てくれてるとのこと。
うれしい話です、どうも有難う。

まず、実はこれって「詩とは何か」ということから話し始めないと
具体的な話に発展させることが出来ないような話でもあるんです。
その辺の関連話は上記ひよちん宛の返信に少し書かせて頂きましたが、
例えば、運転免許証に貼る小さな顔写真も一つの詩と言えるかも知れないし
図鑑に載る一枚一枚の説明用の写真も、
工事現場の記録写真なども、それぞれ"詩"と言えるかも知れない。
僕にとっての"詩"とは、つまりそういう感じのものも含んでいるんです。

「すべての事象は動きつづけている。
それを止めてしまうから、面白い。」

上記のなゆたさんのくれたコメントにも
H/Sさんの書いてくれたコメントにもそうありました。
写真について深く考えていくと、
ほぼ共通した思いに辿り着くものなのかも知れませんね。
自分自身のなかで曖昧になっていたことが、
こうしてコメント頂くことで意識化が出来るようになるので
そういうの、すごく有り難いです。
Blogをやっててよかったな、と思う瞬間です。


止まってる写真のなかから、動いている物語(ストーリー)を
それぞれ感じ取れるのが面白い。……
そうか、なるほどそれだから自分は写真を見ることが楽しいと感じられるんだ。
H/Sさんのコメント読みながら、そうかそういうことなんだな、と
また一つ腑に落ちた気がします。

こうして思いを書いてみたことで、いろいろな反応が頂ける。
それによって、自身のなかの曖昧だったものが少しだけ明確になって来る。
うれしいですね、何だか。
......

H/Sさんもどうぞ身体の健康に気を付けて
2015年も沢山よい写真を残していってください。
僕は相変わらずいつも似たような写真を淡々と撮り続けているばかりですが
お時間あるときにでも、また覗きに来てくださいね。
you | URL | 2015.01.07 23:43
一人ひとりに誠実に長いお返事書いてる感じ♪
そんな人柄が、写真に写心としてあらわれてるのかも(〃艸〃)

見てると、感覚として優しいの

人が居なくても…いるような
気配が優しい…

温度を感じる写真…って感じなの

見てると、
ぁあこんな風に撮りたいなぁ
とか
ずっと見てられるなぁ〜
って
想う…そんな写真がたくさんあって
好きなんだ!

でも、そう思ってるnoriさんに
褒めて⁉︎もらえたから…
少し、優しい気持ちでまた、写真撮りたいなって
noriさんに見てもらいたいな〜って

思えた(〃▽〃)
ありがとぅ♪

nori | URL | 2015.01.11 21:21 | Edit
youさんへ
うっかり、返信かなり遅れてしまいました。
ごめんなさい。

またyouさんの写真、たくさん見せて下さいね。
僕の写真も、またいつでも時間あるとき
youさん、見に来てください。

あぁ、何だかこんなに素敵なコメント残してくれてたのに
うっかり返信のし忘れでした。
本当に、ゴメンナサイ!

また、今後ともよろしくお願いします…。
こちらこそ、いつもどうもありがとう!^^
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。