Facebookで

150105nakatamori540.jpg
kanagawa

yucco
1月22日 9:07 ·
デジタルではなく、フィルムを使う理由のうちの1つ。
手間を楽しむ。待つということ。
便利さに埋もれてしまっている、昔ながらの大切なものを、忘れないで大事にできる人でいたい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
「便利」とうまく付き合おう
ワープロで文を書くと、つい漢字を忘れることがあります。
カーナビに慣れてしまうと、道が分からなくなることがあります。
暮らしが便利になる一方で、
ふと、それに頼り切ってしまっている自分がいることに気づかされる瞬間があります。
「より便利に」「より快適に」を競い合って進歩してきた私たちの暮らしですが、
ときに立ち止まり、自分にとって何が必要かを考えることも大切ではないでしょうか。
MUJI.NET

いいね!を取り消す · シェア
あなたとSさん、Kさん、他11人が「いいね!」と言っています。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

nori  !!!
1月22日 9:16 · いいね!

yucco
=͟͟͞͞ ऀืົཽ≀ ͔ ͕̮ ऀืົཽ✧॰ !!!
1月22日 9:19 · いいね! 1

nori 今の時代は何もかもが便利過ぎて、生きてることの実感がちょっと乏しい。
手間って楽しいです。もの作りをしていていちばん感じることです。
待つ楽しさ、はアナログ写真やってる人、皆言うね。
本当にその通りだと思う。
1月22日 9:23 · いいね! 1

yucco
noriさん
おっしゃる通りです。
「便利なのが当たり前、スピーディーなのが当たり前。」
そんな概念を持った人は、いつも忙しそうだし、
なんだか人間らしさがあまりないように思います、ロボットみたい。

アナログ写真は、ちょっとしたタイムカプセルですもんね。
何回撮っても、何年続けても、ワクワクするし、
これからもきっとワクワクできるだろうな、と思います。
1月22日 9:30 · いいね! 2



ricohflex VII 80/3.5 svema64 expired d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/

Comment

saki | URL | 2015.01.25 23:56
noriさん、お久しぶりです。
最近、ひょんなところからカールツァイスの単焦点レンズがついたYASHICAが手元にころがりこんできました。
シャッターが押せなくなってて、若干のカビがレンズにきてるんだけれど、修理に出そうと思ってます。
少々のカビのあるほうが写真に味がでるんですよ、と、写真教室の先生はたいそうマニアックかつ嬉しそうに言ってました^^
待つことや、手で書く事、私もとても好きです。
鉛筆をカッターで削る、とか、たまらない方です(笑)
nori | URL | 2015.01.26 09:04 | Edit
sakiさん、コメントどうもありがとう。
お元気ですか?^^
久しぶりに遊びに来てくれてうれしいです。

カールツァイスレンズの付いたヤシカですか。(FX3とかかな?)
…いいですね!僕のところにも転がり込んで来ないかなぁ!^^
でもシャッター押せないのはちょっと可愛相ですね。
レンズのカビ位ならすぐにどうにか出来そうだけど…。
修理して、また元気よく動き出してくれることを祈ってますね。

「カビ有り→味」 というのは人それぞれの感じ方の差ですが、
要するに焦点がしっかり合わなくて、カビ部分だけボケてしまってる、
というのが一応正しい答えですよね。^^

上の文は、Facebookで繋がっているフィルム写真好きの女性との
一つのやりとりをそのまま載せてみました。
下の方の行にある様な文章は、僕なんかには決して書けない文章です。
この彼女だからサラッと書けてしまう文章…。
そういうところ、僕は女性の特権だと思ってるんです。
直感鋭い女性だからすらすらと書ける。

"ロボットみたい"って、相当痛烈ですよ。
だけど皆そのことがいつしか当たり前になってて、誰も自分のことを
ロボットみたいだなんて思わなくなってる。
だけど言われてみたら本当、どこかロボットみたいなんですよね…。
平日の東京など、大都市を時々歩いてみると普段郊外で比較的
ゆるく生きてる自分なんかから見ると、行き交う人々は何処か
人間を超えてしまった存在のように、ものすごくスピーディな感じで
何をこの人たちは慌てて生きてるんだろう?と思えて来てしまいます。

もうそろそろ、そういう慌てた時代は古臭いんじゃないかな?と
僕には思えて来るんですけどね…。
でも日本という資源のない国ではある程度仕方のないことかも知れないし…。

sakiさん、またいつでも遊びに来て下さいね。
Ayu | URL | 2015.01.28 07:32
 「狭い日本、、そんなにいそいでどこに行く?」というようなことや
便利さばかり追い求めていことに対して 私も同じように思っている部分と 
一見 ロボットのように思えるけれど ひとり ひとりの心の奥底では みな同じように自問自答しているような気がしてなりません。それでも便利さや忙しさのほうを選択してしまっているひとりひとりなのかな…と思っています。
そんな中で 誰しも 人間らしさに戻ることのできる時間が生活のどこかに持ちながら 生きているのかなと。
そうでなくなった時に 病気だったり、犯罪だったり、社会的問題だったりが起きてしまうのかなと思ったりします。あ、こう思っている自分って
マイノリティなのかしら? ということは…。。。

光が包み込むようなお写真で心あたたまります。ほんとに。
nori | URL | 2015.01.28 18:53 | Edit
Ayuさん、コメントどうもありがとう。
一言で言うと、それってとても難しい問題なんですよね。
Ayuさんが書いてくれた通り、今はきっと多くの人が心の中で
色々と自問自答しつつ、それでも忙しく暮らしているんじゃないかと思うんです。
だけどそうじゃない人も勿論居る。
そうじゃない人(意識しない人、または出来ない人)の数が多ければ多いだけ、
世の中は忙しくなるけど、今ある形態に疑問に感じ、
自問自答している人が多ければ多いだけ世の中は少しずつだけど、
いい方向に変わって行く筈です。
(もちろんそれには時間は相当掛かるはずだけど…。)
それらは世の中のシステムがそうさせているものなので、簡単には行きません。

色々無理が生じてしまって、犯罪や社会問題に発展することは確かにあると思います。
個人の問題である病気というものも、同じようなことなのかもなと思います。
その辺を意識出来ている人は、外側から自分達の姿を見られる人なので
大きく心のバランスを崩すようなことは無いのではないかとも何処かで思います。
(マイノリティやマジョリティということはまた一寸ニュアンス的に別かも知れません。)

僕自身の中にもロボット的なところはきっとあります。
知らず知らずの間にそういう要素は入り込んでいるに違いありません。
自分自身でひとつひとつ検証して、自覚的になっているつもりでいても
世の中や時代がそれをさせてくれない事だってあるし、もう昔のようなやり方では
自身がすっかりそれを出来なくなっている、という部分もあるのではないか?と思います。
難しいことです…。

人間は欲深く本当にせっかちな生き物だなと思います。
皆自分勝手だし現世利益ばかり追い求めてしまいます。
本当はもう少し思慮深くなって、便利さを追求すべきなのに。
Ayu | URL | 2015.01.29 07:49 | Edit
私のコメントが本筋から ずれてしまっていて↓失礼します(●^v^●)

引用させていただきますね。
「個人の問題である病気というものも、同じようなことなのかもなと思います。
その辺を意識出来ている人は、外側から自分達の姿を見られる人なので
大きく心のバランスを崩すようなことは無いのではないかとも何処かで思います。」

メンタル面での病気に関していえば 個人だけの問題とは私は考えていなくて どんなひとであっても なりうる可能性があると思っています。神経症や精神的な病気について興味があるので本をたくさん読みました。
それこそ 便利で せかせかしている社会、
人々は 過密な状態なのに、つながりは希薄という社会にも要因があるかもしれません。そういう社会を作ってきたのも私たちひとりひとりなのですけれど。


自分も含めて自問自答しているひとって マイノリティなのかな
ということを前のコメントで書きたかったのですが、
文章が下手ですみません。


nori | URL | 2015.01.29 09:45 | Edit
Ayuさん、ふたたびありがとう。
まず、Ayuさん、そうやって謝らないでください。
そういう感じで謝られると、その書かれた内容をきちんと
理解出来ずにいた僕自身が悪いことをしてしまった…という気持になります。
文章が上手かろうが下手であろうがそんなことはそんなに重要ではないです。
僕自身文章は下手だし、語彙も少ないです。
コメントを貰えただけで、本当にうれしく思ってます。

病気の話ですが、僕の方こそ謝った見方しか出来ていなくて
まずいこと書いてしまったなぁ、と今ちょっと思ってます。
僕はそういう本も最近ほとんど読んでなくて、専門的なことは解りませんが、
ただ、普段感じていることをそのまま書いたつもりでした。
が、考え方がちょっと違っていたようです。
それこそ、間違った事を書いてしまっててすみませんでした。

精神的な病気については、どんな人にでもなり得る…というのははじめて知りました。
まだまだ知らないこと、たくさんあります。

ではどうして僕らは過密な毎日を送ってて、
しかし、繋がりが希薄な社会になってしまったのだろうか?と思いました。

いろいろ過密になり過ぎている状態は、人々から時間を奪います。
時間が無くなれば人は心に余裕がなくなります。
心に余裕が無かったら、他者に対する想像力もなくなります。
では何にそんなに過密になっているんだろう?とも思います。
時間の流れ方は、大昔も今も実際はまったく同じはずなのに…です。
you | URL | 2015.01.29 11:17
共感…!

便利=素晴らしいってのが…少ししんどいワタシには

少し不便だけど…自由が利く
のか心地よくて

余白があるから…想像できる
とか
余韻があるから…浸れる

に通じてる気がするんですよねぇ〜♪

基本…無駄に元気で単純
な、わたしには特にそうなのかも〜w
Ayu | URL | 2015.01.29 18:04 | Edit
正直なnoriさんのお気持ちをお聞きできて
よかってです。
すぐ こういう時に、謝ってしまうことで、
相手を悪かったと思わせてしまうんだということに
はっとしました。相手の立場に対しての想像力に乏しかったように思います。
これから気をつけようと思いました。
ありがとです
nori | URL | 2015.01.30 15:25 | Edit
youさん、コメントどうも有り難う。
便利=素晴らしい、が少ししんどい、という気持ちは
なんとなく理解出来る気がします。
いや、理解というより、
僕の場合はそれは確実に "物足りなさ" に繋がってます。

"少し不便だけど自由がきく" というのはすごく分かります。
大きく共感です。^^

カメラも、デジカメのあの細かな操作が正直言って
僕、面倒くさいんです…。
なんでせっかく便利さを作り出したようなカメラなのに
あんなに複雑な機能がウンザリするほど付いているのか?

アナログカメラのほうが、うんと簡単に撮れます…。

僕自身も、ものすごく単純です。
あんまり元気ではないけど…^^;
nori | URL | 2015.01.30 18:28 | Edit
Ayuさんどうもありがとう。
「ごめんなさい」の使い方って、けっこう難しいですよね。
あまりにもそれを言わない人、というのも世の中には居て、
それはそれで対応に困ったりもするんですけどね…。^^

僕もまだまだ知らないことだらけなので、
また今後も、何か間違ったことを書いてたら教えてくださいね。

今日は雪でした。
冬の時季、やっぱり一度は降ってくれると嬉しいですね。
写真撮っている者としたら…の意見ですけどね。^^

ではでは。
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR