スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凹む

150211kadosawabashi-02-540.jpg
kanagawa

イルフォードのフィルムが4月から一気に値上げされるという。
135モノクロフィルムが一本約1,000円に…。
それを知って僕は数日間まるで息の根を止められたかの様に
凹んでいました。

とうとうこういう日がやって来てしまったのか…
デジタルカメラやiPhoneの普及でフィルムがどんどん売れなくなり
次々と各社がフィルム販売について検討し始めるようになって
もう既に何年か経つけれど、
今回の値上げのニュースを知って
ついに一つの大きな節目が訪れたなという思いがしました。

フィルムの供給数はたしかにこの数年で激減したであろうけれど
でもまた需要もほぼ安定して来たのではないか?という
楽観視をしていただけに、そのショックは大きかった。

......

さて今後どうすべきか?
いまはいろいろとこの先の写真生活について考えているところです。
デジタルカメラは生理的にどうしても駄目な自分なので
あくまでも銀塩写真に拘り続けて行きたいと思っています。

近年、喫煙者たちはタバコの値段も急激に上がってしまって
ホント大変だよなぁ…と他人事みたいにして思っていた自分自身も、
まるで同じような目に遭ってしまっている、この現状です。


rolleiflex std. tessar 75/3.5 svema64 expired d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/

Comment

Sachie | URL | 2015.03.04 22:38 | Edit
Noriさんを元気づけることに、少しも役に立たないかもしれないけれど、ちょっとだけお知らせ。あっ、と言っても、カメラ雑誌に書いてあったことなんだけれど :-) フランスのメーカーから、Film-Washiが発売されるそうです。(少し古い雑誌なので、もう発売されているかも)この時代に、あえて新しいものを出す心意気がかっこいいなと思います。(ちょっとした大きな欠点は、値段は高いことだけれど)ま、私がいろいろ説明するよりもこちらで。
www.lomig.fr
Film-Washiで検索すると他にも出てくると思います。
ちまま | URL | 2015.03.05 14:29 | Edit
なんでも値上げですね。
お給料はたいして上がらないのに、購買するものばかり値上げ・・・
しかもフィルム写真の趣味も高貴な趣味と化してしまいそうですね。
プライベートブランドで、いいフィルムなんてでないかな。
質が落ちるんだろうか?
nori | URL | 2015.03.05 17:54 | Edit
Sachieさん、どうもありがとう。
URL、早速拝見しました。
英文(仏文)なので、まだ翻訳までは出来ずにいますが、
"world's smallest film company"という宣伝文句に思わず目を疑いました。
そして、そこにある文を、
僕は英語力がないので、まだホントに何となくではありますが
読ませて頂き、何となくな、明るい気持ちを抱くことが出来ました。
こんなに重要かつ、素敵な情報を、
Sachieさん本当に有難うございました!!

もうホント、何とお礼を書いたら良いものか、分かりません。
これは、すごく心強い商品だなと思いました。
所謂"フィルム"の、透明感は得られないフィルムなのかも
知れませんが(実際にはきちんと訳せてないので、そこまで分かりません。)
それでも、こういった感光材料を作っている人たちが
確実に居るのだ、ということが分かっただけでも
僕はものすごい勇気を与えてもらえた気がします。

すこし極端と思われるかも知れませんが、
今回日本で販売されているイルフォードフィルムの値上げのニュースを聴いて、
僕はとんでもなく凹み落ち込みました。
まったく極端な話ではなく、本当にかなり落ち込んでいました…。
今でも、まだ何となくそのときのショックが頭の中に残ってます。
が、今回のこのSachieさんが教えて下さったURLを見てみて、
何だかすごい勇気というか、力ですね… を頂けた気がしています。

繰り返しになってしまうけど、Sachieさん、本当に本当にどうも有難う!

元気、出ました!
また後で時間作って、サイトの文章の翻訳をしてみたいと思います!
nori | URL | 2015.03.05 18:11 | Edit
ちままさん、コメントいつもありがとう。
たしかに。
最近、なんでもかんでも値上げされてしまって、困ること多いですよね。
けど、厄介なのは、本当にものすごい値上げがされて、
本当に困る人というのがあまり出ないような、
じわりじわりとした値上げばかりなんです。
すごくその辺、巧いよなと思うんです。

フィルムは、ちままさんが書いてくれてる通り、
今後はどんどん高貴な趣味になって行ってしまうのかも知れません。
僕なんかは、もう30年以上もフィルムと一緒に生きてきたような
人間なので、昨今のフィルムの状況を見ていると、
自分自身がなんだか息苦しくなって来るんですよ…。
困ったものです…。

プライベートブランド的な、フィルムメーカー…、登場してくれたら
いいですよね。ポラロイドカメラ用のImpossible社みたいな
ああいうフィルム会社。
品質云々なんて、言ってられません。
綺麗な画質なんて、贅沢は言ってられませんって。
僕はもう、期限切れやら中国製の粗悪なフィルムにも慣れてるので
多少の品質低下だったらぜんぜん問題なしですね。^^

上でコメント下さったSachieさんが教えて下さったのは、
フランスの会社です。日本の和紙をベースにした白黒フィルムを
どうやら製造し始めているみたいです。(翻訳まだなので
はっきりとは書けないですが。)
そういうメーカーも、言わば"プライベートブランド"ですよね。

何かしら、信じていけば、いい方向も見えて来るんじゃないか?と
ちょっとだけですが、思えて来ました…。
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。