スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校帰り

1503112gokurakuji-05.jpg
kanagawa

学校帰り


rolleiflex std. tessar 75/3.5 efke r100 d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/

Comment

ちまま | URL | 2015.03.12 21:40 | Edit
通学路なのかな?
こういう角度で見てみると、なんだかわが子がちゃんと無事に学校に行けるのか、または寄り道せずに帰ってくるのかと、心配になってみている保護者みたい(苦笑)
nori | URL | 2015.03.13 10:49 | Edit
ちままさん、どうもありがとう。
どうなんですかね?
まぁ、この写ってる子にとってはここは通学路なのでしょう。

寄り道がたのしいんですよね、また。
(なんて、親であるちままさんを心配させたらマズイかな?)
僕なんか、学校まで家から僅か1~2分だったせいか、
寄り道の楽しさを知らないまま、中学生になってしまいました。
小学生のやんちゃな時代に、もっと寄り道出来てたら、
今頃もう少し人生変わってたかも知れません。笑
今頃になって毎日寄り道ばかりしている自分です。苦笑

ですね…。
ちょっとこの角度から撮ると、この子のことを
心配しながら見てる人が撮ったみたいな感じにも見えますね。
ayu | URL | 2015.03.14 13:44 | Edit
下校時間は 冒険だったような記憶がありました。
車も今ほど たくさん通っていなかったし、土曜日の授業があったので
土曜以外の平日は 今の子どもたちより 早く帰ることができて
時間も ゆったり流れていました。
友だちと寄り道ばっかりしていたことを 写真を拝見して
なつかしく 思い出し あたたかい気持ちになりました。
nori | URL | 2015.03.16 10:22 | Edit
ayuさん、コメントどうもありがとう。
僕は通ってた小学校が、ものすごく近かったため
寄り道らしい寄り道が出来ずにいたんですが、
でも、住んでいた団地の敷地がわりとそこは広いので、
同じ団地に暮らす友達と一緒に敷地内で
石ころ蹴っ飛ばして溝(ドブ)の蓋の穴に
それをゴルフみたいにして入れる遊びをしたり、
横の竹やぶにやはりまた、石ころ投げては
竹の幹に当てて、「コン!」という竹独特のあのいい音
(シシオドシと一緒です…)が鳴ることを楽しんだり
(一度遠くまで投げ過ぎて、民家のガラス窓を割った経歴あり。笑
勿論、その家の人がすっ飛んできて、思い切り怒られました。)
なんだか、学校帰りって独特の開放感もあって
何やらいろんな遊びをやってましたね。
あの時間は今思うととても好きな時間でした。
ayuさんみたいに女の子の場合、どんな寄り道をしてたんだろう?

時間の流れ方が、あの頃と今はまるで違う気がしますね。
今も昔も同じように流れてるはずなのに…。

ayu | URL | 2015.03.18 06:18 | Edit
noriさんも たくさんの思い出があるのですね。こういう遊びの時間が今は 少なくて 心配になります。

帰り道に 友だちと野の花を摘んで花かんむりを編んだり
色々な帰り道があって
近道を探して
帰ったら びっくりすることがあるよ!と友だちに言われて自宅に着くと
先に その子のお家の前で「バイバイ」したのに 私の家に その子が待っていて
後で秘密の近道(畑と林の間の小径=道無き道)を教えてもらって感激したり…。
放課後には 秘密基地に集合したり
廃車がたーくさんある友だちのお店の裏で、車から車へ 飛び乗るのを何台、飛び乗れるか…とか
木登りもたくさんしました。
虫と遊んだり。

かなり やんちゃですね。(笑)
でも 学校でも家でも 無意識に
いい子でいたので
そういう時間が あの頃の自分を救ってくれていたように思います*
nori | URL | 2015.03.19 08:59 | Edit
ayuさん、ふたたびありがとう。
はい、子供時代にはいろいろやって遊びましたねぇー。笑
そうなんですか?今って子供たち、そういう遊びの時間、
少なくなってるんですか。。
大人から見て、一見無駄と思えるような遊びって、
じつは子供らにとってはかなり重要な時間だったりするので、
そういう遊び時間を大人達が勝手に切り捨ててしまったりしたら
いけないような気がしますね。
そもそも最近の住宅街や新しいマンション近辺って、
無駄な場所自体がみんな無くなってる雰囲気で、
すべて管理下に治められているような感じで、子供らも
そういう場所の面白さを知らないまま、皆大きくなって行って
しまうのかな?と思うときがときどきあります。
僕らが子供の頃って、けっこう無駄な場所があちこちに在ったんですけどね。

学校でも家でもいい子だったというayuさん。
僕の眼から見たら、ayuさんは今でもすごく「いい子」ですよ。
ちょっと「いい子過ぎないかな?」とも思えるくらいに。^^
でもそれこそがayuさんなんでしょうけどね。
もう少し、「わるい子」になってみても大丈夫かも知れないですよ?
なーんて、無責任に書いてみたりして。笑
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。