精密ねじ

150611home540.jpg
kanagawa

友人のRolleicordの巻上げノブの小さなねじが紛失してしまって
そのことが原因で今カメラを使えずにいるという
巻上げノブという撮影の度に動かす箇所なので
その極小さなねじが外れたというだけでも
大きな問題である

気の毒に思って
何とか代用になりそうなねじは無いか工具箱の中を探してみたけれど
なかなか合いそうなものが無かった

精密ねじを作っている会社に
一度問い合わせてみようかと思っているのだけれど
ノギスを持っていないのでねじの正確なサイズが測れずにいて
少し困っている



flexaret II mirar 80/3.5 self-developed d76 1:1
にほんブログ村 写真ブログ モノクロ写真へにほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
http://norinoomise.thebase.in/

Comment

Sachie | URL | 2015.06.17 19:26 | Edit
その後、ネジは見つかりましたか?
私もRolleicordが宝物なので、この記事を読んで以来、気になっています。

話は変わりますが、チェコのメーカーのFomapanを使ってみました。コダックともフジとも違う、独特の感じがあるなと思いました。写真、楽しいです。
nori. | URL | 2015.06.19 09:09 | Edit
Sachieさん、コメント有難うございます。
はい、その後無事にネジ、見つかりました。
精密ネジの会社に注文するのではなくて、
友達が丁度眼鏡店をやってるので、その彼に相談してみたら
丁度合うネジがあったので、それで無事補修することが出来ました。
といっても、そのネジ、必要な長さが短かすぎたので、
少し専用工具で切って、ネジを短くしてくれたそうです。
箇所は、巻上げノブのバネボタンのネジでした。

友達曰くまた無事に使えるようになってくれたそうで、
僕もなんだかホッとしています。

Sachieさん、Fomapan使ってみたのですね。
100,200,400とがあるけれど、どれを使いましたか?^^
KodakやFujiのような現代的な優秀な写りではなくて、
どこか味わいのある写りをするような気がしませんでしたか?
Fomapanは、昔ながらの製法の至ってオーソドックスなフィルムだそうです。

写真、たのしいですよね。^^
Sachie | URL | 2015.06.20 00:30 | Edit
ネジが見つかってよかったです。同じものは難しいかもしれないけれど、確かに眼鏡店には細かいネジがたくさんありますね。昔ながらの時計店なんかにもありそうかな。あっ、ペンギンカメラにも、きっと。

FomapanはMinolta XD7とRolleicordで400を使いました。他のフィルムと比べると、写真によっては、グレイの部分がほんのり紫色に見えるようなきがします。Fomapanで晩秋や冬の霧が立ち込めた景色なんてとったらいいだろうな....と今からワクワクしています。
nori. | URL | 2015.06.20 19:35 | Edit
Sachieさんへ
再びどうもありがとう。
あ、ペンギンカメラに行けば、意外とネジ、あったかも知れませんね。笑

さっきIpernityで、Sachieさんのページ拝見して来ました。
Fomapan…グレイの部分、紫色っぽく見えますか?
PCの環境によって、そんな風に見えたりするんでしょうかね?
それはさておき、Sachieさん、
ついに、自家現像を始められたんですね!
いいですね、自家現像。
いろいろとやっていくうちに慣れて来たら、
被写体によって少し増感してみたり、減感してみたり…
ほか、いろいろなことが自分で出来ますよ。

これから写真がどんどんたのしみになって行きますね。^^
自分で現像が出来るようになると、写真が今迄と違って、
より身近なものに感じられるようになるかも知れません。

Sachieさんの今後の写真をたのしみにしていますね。。
Comment Form
公開設定

profile
nori@
comment
archive
category
search
QR
QR